Adobe Media Encoder CS5 書き出し対応フォーマット

by Adobe Comms

Posted on 06-17-2010

Adobe Media Encoder CS5は、Adobe Premiere Pro CS5やAdobe After Effects CS5に同梱されるエンコード用アプリケーションです。動画、静止画、オーディオなど数多くのファイル形式の出力に対応しています。

ここでは、**ヘルプファイル**の内容に基づいてご紹介します。

書き出しでサポートされるファイルの形式Adobe Media Encoder を使用して書き出す場合は、書き出し設定ダイアログボックスで出力形式を選択します。選択する形式により、使用可能なプリセットオプションが決まります。 出力に最も適した形式を選択してください。Adobe Media Encoder は、スタンドアロンアプリケーションおよび Adobe Premiere Pro、After Effects、Flash Professional、Soundbooth、Encore のコンポーネントとして使用できます。Adobe Media Encoder で書き出すことができる形式は、インストールされているアプリケーションによって異なります。MOV、AVI、MXF、FLV、F4V などの一部のファイル拡張子は、特定のオーディオ、ビデオまたは画像データ形式ではなく、コンテナファイル形式を表します。コンテナファイルは、さまざま な圧縮設定およびエンコード設定でエンコードしたデータを含むことができます。Adobe Media Encoder はこれらのコンテナファイルのビデオおよびオーディオデータをエンコードできますが、エンコードできるデータはインストールされているコーデック(特にエ ンコーダー)によって決まります。多くのコーデックがオペレーティングシステムにインストールする必要があり、QuickTime または Video for Windows 形式の内部コンポーネントとして機能する必要があります。インストールされているその他のソフトウェアに応じて、次のオプションを使用できます。ビデオとアニメーション

静止画と静止画シーケンス※ ムービーを静止画ファイルのシーケンスとして書き 出すには、静止画形式を選択した状態で「ビデオ」タブの「シーケンスとして書き出し」を選択します。

オーディオ

Topics: ビデオ

Products: