Adobe Premiere Pro CS5 読み込み対応フォーマット

by Adobe Comms

Posted on 06-17-2010

Adobe Premiere Pro CS5では、AVCHDやデジタル一眼、P2、XDCAM、REDとさまざまなテープレスフォーマットに対応していますが、このほかにも静止画、オーディオ、編集データなど数多くのファイル形式の入出力に対応しています。

ここでは、読み込み対応フォーマットについて、**ヘルプファイル**の内容に基づいてご紹介します。

読み込みでサポートされているファイル形式 Adobe Premiere Pro では、多くのビデオ形式やオーディオ形式を読み込むことができます。プラグインソフトウェアモジュールによってファイル形式がサポートされます。これらの ソフトウェアモジュールのほとんどは、 Adobe Premiere Pro とともに自動的にインストールされます。MOV、AVI、MXF、FLV、F4V などの一部のファイル拡張子は、特定のオーディオ、ビデオまたは画像データ形式ではなく、コンテナファイル形式を表します。コンテナファイルは、さまざま な圧縮設定およびエンコード設定でエンコードしたデータを含むことができます。Adobe Premiere Pro はこれらのコンテナファイルを読み込むことができますが、それらに含まれているデータを読み込むことができるかどうかは、インストールされているコーデッ ク(特にデコーダ)によって決まります。追加のコーデックをインストールすることで、それに対応するファイルタイプを Adobe Premiere Pro で読み込めるようになります。たとえば、QuickTime独自のProResデコーダをインストールすれば、Windows環境のPremiere ProでもProRes形式のQuickTimeファイルを読み込み可能です。特定のデバイスまたはアプリケーションによって作成されるファイル用のコーデックについて詳しく は、ハードウェアまたはソフトウェアの製造元にお問い合わせください。Adobe Premiere Pro では、以下に挙げられた形式のファイルを読み込むことができます。これらのファイルを読み取るには、特定のファイルを生成するのに使用するコーデックを ローカルにインストールします。例えば、DivX エンコーダーでエンコードされた AVI ファイルを再生および編集するには、DivX コーデックがインストールされている必要があります。注意: Adobe Premiere Pro ソフトウェアの無料の体験版には、Adobe 以外からライセンス提供されているソフトウェアに依存する一部の機能は含まれていません。例えば、MPEG 形式をエンコードする一部のコーデックが使用できるのは、Adobe Premiere Pro ソフトウェアの製品版のみです。サポートされているビデオおよびアニメーションファイル の形式

サポートされているオーディオファイル形式

サポートされている静止画および連番静止画ファイ ル形式Adobe Premiere Pro では、8 bit/チャンネル(4 バイト/ピクセル)と 16 bit/チャンネル(8 バイト/ピクセル)の静止画ファイルがサポートされています。読み込み時に、ビット数が低い画像は 8 bit/チャンネルに、ビット数が高い画像は 16 bit/チャンネルに変換されます。高ビット数ファイルは、チャンネルあたり 1 つの単精度浮動小数点(16 バイト/ピクセル)でサポートされます。

サポートされているビデオプロジェクトファイル形式

Topics: クリエイティブ, ビデオ

Products: