ADPSの作成時注意点

by Adobe Comms

Posted on 04-20-2012

もう少し前になりますが、iPad3(第3世代のiPad)が発売開始されましたね。
私の回りにも入手された方がいますが、見せて頂くと、確かに精細な表示でびっくりです。

弊社のADPSも、早速こちらのRetinaディスプレイに対応するアプリを作成できるようになっております。被写体や風景の美しさを表現する写真集など、このディスプレイを生かすコンテンツ作成には、ぜひADPSを活用ください。

さて、新しいハードの登場もあって、アプリの作成機能を拡充しております。ただ注意点をひとつ、解像度の違いからiPad1&2とiPad3向けは、別にコンテンツやアイコンを準備する必要があります。iPad3向けはがない場合は、弊社が用意したダミーのアイコンやスプラッシュスクリーンとなります。

現在上記挙動なのですが、逆にここが問題になる場合もあります。
iPad3用がない場合でも、アイコンなどは用意いただいた方が申請はスムーズなようです。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/935/cpsid_93522.html

アプリ作成を行う方はお手数をおかけします。
ご注意ください。

Topics: クリエイティブ, デザイン

Products: