新しいクリエイティブのためのツール

by Adobe Comms

Posted on 09-18-2013

※当資料は2013年9月17日にアドビのブログにポストされた記事を翻訳したものです。

新しいクリエイティブのためのツール

アドビ システムズ社 Experience Design担当バイスプレジデント

マイケル ガフ(Michael Gough)

5月に開催したAdobe MAX 2013でに発表において、Creative Cloudがイノベーションにとっての機会と推進力となり、また最終的には新しい世代のクリエイティブに能力を提供するものになることをお伝えしました。また新たなクリエイティブ ハードウェアに関する取り組みについても明らかにしました。

本日、この方向性の延長上にある2つのマイルストーンを発表できることを喜ばしく思います。アドビは、クラウドベースのペンであるProject Mightyとデジタル定規であるProject Napoleonについて、技術探索フェーズから製品計画フェーズに移行します。2014年上半期のMightyとNapoleonの出荷に向け、アドビはアプリケーションとサービスを組み合わせたクリエイティブなデバイスというビジョンを共有する、Adonit社と提携します。

Under.NDA_.Until_.9.17.13_Mighty.Napoleon.Tablet.Angled

Projects Mighty (ペン)、Napoleon (デジタル定規)とiPad版Parallel (アプリ)

またジョシュア デイビス(Joshua Davis)、ディラン ロスカバー(Dylan Roscover)、アニタ フォンテーン(Anita Fontaine)をはじめとする多数のアーティストが制作した、セルフポートレートを打ち出した、新たな「I am the New Creative」キャンペーンも発表しました。アドビは世代はツールによって定義され、また人々があらゆる場所で作品を生み出し、新しい媒体の可能性を探り、またアイデアの赴くままにどこへでも行くことができるべきだと考えています。

http://www.adobe.com/content/dotcom/en/video/feature/creativecloud/cc/overview/meet-the-new-creative.baby._s_content_s_dotcom_s_en_s_products_s_creativecloud_s_video-modals_s_overview_s_meet-the-new-creative.html?autoPlay=false&allowFullScreen=true

A Broader Canvas for Innovation

新しいクリエイティブツールのProject MightyとNapoleonは、ペンと紙が持つ正確さ、表現力、および使いやすさを、デジタル製品とCreative Cloudが提供するすべての利点と組み合わせることにより、デジタル クリエイティビティをさらに発揮しやすく、また自然なものにすることができると確信しています。Adobe MAX 2013のデモで紹介したように、Project Mightyは自然で表現力豊かなラインを描画することのできる感圧ペンです。これをCreative Cloudに接続し、自分のデジタル資産、ブラシ、カラーなどをどこへでも持ち運び、異なる機器の間でのコピー&ペーストやその他の作業を可能にします。

私たちの本来の仕事はソフトウェアのデザインであるため、このハードウェアのファミリーがソフトウェアにどのような影響を及ぼすかについても検証しています。アドビでは、世界中で何百万人ものクリエイティブ分野の人々が信頼を置くAdobe IdeasやPhotoshop Touchなど、クリエイティブの分野で最も普及しているタブレット向けアプリケーションの幾つかを先駆けて開発してきました

本日はこの分野の、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせによるエクスペリエンスを力強く推進する新しいプロジェクトのProject ParallelとProject Contourのプレビューも行います。Project ParallelはProject Napoleon向けに新しく設計、開発された、描画用のタッチアプリケーションです。Project Contourはいわば”形状を取り扱うKuler”というべきもので、写真やオブジェクト、シェイプなどをiPhoneに取り込み、iPad上でNapoleonを使うことにより建築スケッチ、作図、アイデア出しなどを簡素化することができます。これらを合わせることにより、クリエイティブなアイデアを簡単に、表現力豊かに記録することのできる、アドビ社が「straight line sketching」と呼ぶ操作が実現します。

自然なインターフェイス、クラウドへの接続、および今回登場した新しいハードウェアを通じ、次世代のクリエイティブのためのツール開発を開始すると共に、デザイナーにとっての作業場を構築し直しています。アドビが取り組む、この次なるイノベーションを楽しみにしています。今年は楽しい1年になると予想しており、現在開発中の内容を少しでも早くお伝えしたいと願っています。最新の情報に付いては、こちらのサイトをご覧下さい。

マイケル ガフは、デジタルが実現する次世代エクスペリエンスを開発する、100名を超えるメンバーから構成されたExperience Designチームのリーダーです。マイケルは長年にわたってデザインのエバンジェリストであると共に次世代のクリエイティブの支援者であり、従来とは一線を画したデザインと技術的イノベーションによってエクスペリエンスの限界を押し広げ続けてきました。

マイケルのツイッターは以下をフォローしてください:@michaelgough_

Topics: クリエイティブ

Products: