熊本ソフトウェア、職業訓練コースにAdobe Creative Cloudグループ版を導入

by Adobe Comms

Posted on 02-05-2014

アドビは、熊本ソフトウェア株式会社が運営する「身体障害者ソフトウェア開発訓練センター」が、同センターの訓練課程向けにAdobe Creative Cloud グループ版を導入したことを発表しました。

熊本県立高等技術専門校からの委託を受け、1学年10名に就職を目標とする訓練を実施している同センターでは、その過程のひとつである「ウェブ・クリエーター グループ」において従来からアドビ製品を導入してDTPとWebデザインの教育を行っていました。

同センターでは、これまで新製品が出るたびにバージョンアップを行い、常に最新版を利用していましたが、ライセンスとインストール済みPCの紐付けは台帳で管理していたため、資産管理が煩雑化していました。また予算の都合上、全てのPCを一斉にバージョンアップすることは困難で、一部のPCから段階的にバージョンアップしていたため、ライセンス数の集計や費用計算から申請に至るまで予算に関係する業務により通常業務が圧迫されていました。さらに複数のバージョンが混在していたことにより、訓練環境においても利便性を欠いていました。こうした課題を解決するため、Creative Cloudグループ版を導入しました。

Creative Cloudグループ版導入により、同センターはライセンス管理の効率化、予算申請のシンプル化と負担の軽減、常に最新バージョンを利用できる訓練環境の提供を実現しました。さらにCreative Cloudは、アドビが提供する全てのクリエイティブ製品が使えるため、訓練生はこれまで使っていなかったWeb以外の製品にもチャレンジできるようになり、学習意欲の向上にもつながっています。

熊本ソフトウェア株式会社様の導入事例はこちら(http://www.adobe.com/jp/jos/creativecloud/teams.html)からご覧いただけます。

Topics: リーダーシップ, 社会貢献, コーポレートニュース

Products: