アナリティクス分野でAdobe Analytics が2014 SIIA Content CODiE Awardを受賞

by 国和 徳之

Posted on 03-13-2014

デジタルマーケティング業界を評価する

様々なイノベーションが生まれる米国のテクノロジー産業界では、常に多くの野心的な新製品や新サービス、革新的なプロジェクトが生まれています。アナリティクス、DMP、SoLoMo、行動ターゲティングや機械学習ターゲティング、エクスペリエンス管理やアダプティブデザイン、動画広告、キャンペーンオートメーションなど、デジタルマーケティングの領域は、そうしたホットな分野のひとつと言えるでしょう。

この動きを日本から見ると、ややもすると複雑で捉えどころのない現象に見えてしまいますが、ひとつの判断基準としては、そのテクノロジーが第三者からどのような評価を受けているか、という視点が挙げられます。これも日本ではあまり見かけない動きですが、北米では、さまざまな機関や団体が、ベンダーやテクノロジーの先進性や将来性などを評価しています。

今回ご紹介する記事は、少し前のものですが、2014年1月30日に「Software & Information Industry Association(SIIA)」という団体が発表した、テクノロジー業界のアワードに関するものです。その模様を、ビル イングラム(Bill Ingram)によるブログ記事の翻訳でご紹介します。

※以下はUS Digital Marketing Blog「Adobe Analytics Wins 2014 SIIA Content CODiE Award」の翻訳です。

業界をリードするアドビ

アナリティクス業界は、マーケティング分析の屋台骨です。アナリティクスにより、マーケターが重要な意思決定を行うとき、データに基づいた判断ができるからです。電子商取引の拡大に伴い、アナリティクス業界も成長と変革を続けています。昨年の秋アドビは、ビジネスで起きていることからマーケターやデータアナリストがすばやく重要なインサイトを発見し、アクションを取れるように、Adobe Analyticsで大きなイノベーションを提供開始しました。予測型の異常値検出、モバイルアプリ計測の拡張、リアルタイムのデータ可視化、強力な動画計測、その他の様々な強化により、Adobe Analyticsは業界を牽引しています。

そして、こうした取り組みを通じて、Adobe Analyticsがアナリティクス分野でのリーダーとして認識されているものと思います。このたびAdobe Analyticsは、2014 SIIA Content CODiE Awardsにおいて、「最高のコンテンツアナリティクスソリューション(Best Content Analytics Solution)」に選ばれました。このアワードでは、コンテンツ、教育、ソフトウェアの各分野の80を超える対象の中から、業界で最高の製品や技術、サービスが選ばれます。Adobe Analyticsの業界実績や栄誉に今回のアワードが加わることに、私たちはとても興奮し、喜んでいます。

私たちの優秀なチームとともに、全てのContent CODiEアワードの最終選考者と最優秀者にも、おめでとうの言葉を送ります。また、「最高のWebコンテンツ管理プラットフォーム(Best Web Content Management Platform)」アワードを受賞したAdobe Experience Managerチーム、「メディア企業および出版企業向けで最高の動画プラットフォーム(Best Video Platform for Media and Publishers)」アワードを受賞したAdobe Primetimeチームにも、おめでとうと言わせていただきます。

2014年も、Adobe Analyticsのエキサイティングなイノベーションにご期待ください。

Bill Ingram

参考情報:

Topics: デジタルトランスフォーメーション, 戦略/組織/プロセス

Products: