RAWデータがiPadでみれる、編集できる。Lightroom mobile 提供開始、の話

by Reiko Tanaka

Posted on 04-08-2014

みなさん、こんにちは。アドビの栃谷です。今回は久しぶりの新製品/サービスの案内です。

Adobe Lightroom mobile

Adobe Lightroom mobile

iPadに対応したLightroom。そう、「Adobe Lightroom mobile」(以下、Lr mobile)の提供が開始されました。

写真のプロや愛好家をターゲットした「Lr mobile」は、移動や外出先でも写真の閲覧・編集、最終的には共有作業がiPadで可能になりました。

「それって他のアプリや、iPad自体でもできるのでは?」と思いますよね。このLr mobileの特徴としてはJPEGはもちろん、RAWデータもデスクトップのLightroom 5.4と連携して閲覧・編集ができるのが最大の魅力です。

Lightroom 5とLr mobile

Lightroom 5とLr mobile

さて、このPhotoshopブログを購読されている方は興味がありますよね?
利用手順や入手方法について、簡単に記載します。

**[利用方法]
**Photoshop写真家向けプログラムCreative Cloud 通常版(個人版、グループ版)、学生・教職員版に加入することで利用できます。

ここからはうんちくになりますが、iPadではどのようにRAWデータの閲覧・編集が実現できたのか?
それはLightroom 5の新機能として紹介した「スマートプレビュー」テクノロジーにあります。
デスクトップのLightroom 5でRAWデータを読み込み、その後、スマートプレビューとして画像を生成。それをAdobe IDで同期しているiPadでLr mobileを介して表示している、というものです。

ですので、iPadで直接RAWのオリジナルデータを読み込んで閲覧・編集している、ということではありません。(それですと、あっという間にメモリーがなくなります。)
iPad上で編集した作業はメタデータとして記録され、デスクトップのLightroomモバイルと同期して編集作業を連携する、というものです。なので大量のRAW写真を一度にデスクトップからiPadに読み込む(コレクションデータとして)のは、スマートプレビューを生成している時間が必要となります。
画像データの容量や枚数によって時間は異なりますが、ある程度の少数から試して、その後時間があく就寝時などにまとめて同期作業を行うのが効率的かもしれませんね。

ということで、RAWデータがiPadでみれる、編集できる。Lightroom mobile 提供開始、の話でした。
ぜひ、この機会にLightroomとLightroom mobile、そしてPhotoshop CCをご利用いただければと思います。

Topics: クリエイティブ

Products: