Adobe Camera Raw 8.4の話

by Adobe Comms

Posted on 04-22-2014

皆さん、こんにちは。アドビの栃谷です。今日は正式に公開された、Adobe Camera Raw 8.4の話です。

Lightroom 5.4/Lightroom mobileの発表・発売開始と同時にリリースされたこのアップデートですが、今回のブログではちょっと深ぼりしてみたいと思います。

Adobe Camera Raw 8.4

Camera Raw 8.4

従来どおりAdobe Camera Rawのアップデートは、新しいデジタルカメラの対応や、レンズプロファイルの追加、そして不具合の修正が行われています。これはPhotoshop CCだけではなく、Photoshop CS6を所有されている方へ提供されるものです。新しい14機種のカメラ対応は、以下のリストでご確認ください。今回は富士フイルム X-T1のRAWデータサポートや、面白いところではDJI Phantomという空撮が手軽に行えるマルチコプターをサポートしています。今まではあり得なかった(または非常に高い出費が必要だった)構図で写真が撮れるのはかなり面白いと思います。ただ、撮影の構図に加えて、マルチコプターの操縦センスが必要かな?

Adobe Camera Raw 8.4対応カメラリスト
キヤノン EOS 1200D (REBEL T5, KISS X70)
カシオ EX-100
DJI Phantom
富士フイルム X-T1
ハッセルブラッド H5D-50c
ハッセルブラッド HV
ニコン COOLPIX P340
ニコン D3300
ニコン D4S
Panasonic LUMIX DMC-ZS40 (DMC-TZ60, DMC-TZ61)
Phase One IQ250
Samsung NX30
ソニー Alpha a5000 (ILCE-5000)
ソニー Alpha a6000 (ILCE-6000)

以下の機種は正式サポートはしていませんが、RAWデータが閲覧できます。
キヤノン PowerShot G1 X Mark II (*)
ニコン 1 V3 (*)
オリンパス OM-D E-M10 (*)
Samsung NX mini (*)

レンズのプロファイルは今回も多く追加されています。これはLightroom Journalでご覧ください。

また、Camera Raw 8.4はWindows XP、Windows Vista、そしてMacOS X10.6はサポート対象外となります。ご注意ください。

そしてPhotoshop CCをご利用いただいているユーザーの皆様は、今回のCamera Raw 8.4で搭載された様々な新機能が利用できます。まさにCreative Cloudのコンセプトである「継続する付加価値(Ongoing Value)」です。

プレビューウィンドウの機能強化

一番の目玉になるのは「補正前/補正後」の表示設定です。Lightroomではおなじみの、ライブラリモジュールに搭載されている機能です。作業画面にあるダイアログウィンドウの右下にある「Y」が記載されている、チェックボックスのボタンを押してみれば一目瞭然です。(数回押してみて変化を見てください)

プレビューウィンドウ表示

プレビューウィンドウ表示。左右で「補正前」「補正後」表示になっている

現像作業をしていると、色々と試行錯誤しすぎてしまいがちです。オリジナルと補正後とどれくらい画像に変化があるのかを作業中に確認できるのは良い機能です。補正中に「バチッ」と気に入った絵が作れたと思ったら、今度は真ん中のボタンを押してください。すると、それが「補正前」のウィンドウに移動され、その後も「気に入った絵」をベースに比較しながら補正作業ができます。右側のボタンは現在設定した補正パラメータ(ホワイトバランスや露出など)を補正前の画像にコピーするものです。

赤目修正に「ペットアイ」が追加

スクリーンショット 2014-04-22 11.24.55

「ペットアイ」の追加

赤目は人間だけでなく動物にも発生します。皆さんも家族の一員と してペットを飼っている方もいらっしゃると思います。ストロボ/フラッシュを利用した撮影の場合には、ペットの赤目は従来の人間の赤目補正のツールでは修 正ができなかったのを知っていますか?今回はペット専用の赤目補正ツールが搭載されています。Photoshop Elements 13に搭載されていた機能ですが、今回のCamera Raw 8.4で好評につき搭載されました。

「部分補正設定を初期化」

部分補正設定を初期化ウィンドウ

「部分補正設定を初期化」

選択した特定領域に補正をかけるツールとして、3つのツール(補正ブラシ/段階フィルター/円形フィルター)があります。このツールを使って、ホワイトバ ランスや露出などを調整していると思いますが、右クリックすると新たに「部分補正設定を初期化」という選択肢が表示されます。要は補正作業に試行錯誤しす ぎた時、「スタートに戻る」という事で、右側の様々なスライダーが一旦リセットされて、もう一度最初からやり直せる、という機能です。

なお、円形フィルターには「画像の塗りつぶし」という選択肢があり、これを選ぶと画像領域最大に円形フィルターが設定され、あたかも画像全体を塗りつぶすようなイメージで作業を行う、という下準備ができるものです。

さて、ご理解いただけましたでしょうか?作業と品質の向上が得られる、Adobe Camera Raw 8.4はCreative CloudからPhotoshop CCをご利用いただいている方は、Creative Cloudからアップデート案内がされているので、ぜひ最新版にアップデートしていただければと思います。

ということで、Adobe Camera Raw 8.4の話、でした。

Topics: クリエイティブ

Products: