アドビ、創造性が企業業績に大きな影響を与えるという調査結果を発表

by Adobe Comms

Posted on 09-30-2014

創造性を重視する企業は、収益、市場シェア、競争優位性の点で競合企業を上回っていることが判明

※当資料は、2014年9月24日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2014年9月24日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、グローバル企業の重要な無形資産である創造性の定量化を目的として、Forrester Consultingに委託した最新調査の結果を発表しました。この「Creative Dividend」調査により、事業展望に関する創造的な意見、創造的な企業活動および企業文化が、事業を成功に導くための条件(イノベーションの推進、優れた人材とリーダーシップの育成、ブランド認知度の向上等)のかなりの部分に影響を与えるということが明らかになりました。では、創造性は利益にも影響を及ぼすか。企業は創造性を育むことで事業の成功につなげることができるのか。アドビは今回の調査を通じて、創造性は現在および将来のビジネスの成功に必要不可欠であるという結論に達しました。

主な調査結果は以下のとおりです。

**調査対象者:**2014年5月、アドビはForrester Consultingに対し、創造性が企業業績に与える影響についての調査を依頼しました。この調査では、創造性が企業業績にどのような影響を与えるかを理解するため、様々な業界で300社を超える大規模グローバル企業のシニアマネージャーにインタビューを行いました。対象となったのは、クリエイティブソフトウェアの導入に影響を及ぼす、米国、英国、フランス、オーストラリア/ニュージーランド、韓国、日本、およびドイツの大企業の意思決定者でした。

**調査結果について:**調査の全容は、こちらでご覧いただけます。デイビッドワドワーニ(David Wadhwani)による、アドビでのクリエイティビティへのアプローチ方法については、こちらをご覧ください。

**コメント:**アドビのデジタルメディア担当シニアバイスプレジデントであるデイビッドワドワーニ(David Wadhwani)は、「ビジネスリーダーは長い間、企業の主な成功要因として、従業員の生産性、プロセスの効率性、およびワークフォースプランニングといった点を重視していました。しかし数年前から、こうした考え方に変化が見られます。大手企業はもうひとつの成功要因の重要性、すなわち戦略、カルチャー、技術革新、顧客エンゲージメントといったビジネス環境のあらゆる側面に、創造性を注ぎ込む必要があるという点に気づいています。クリエイティブな企業が、競合企業と比べ、市場のリーダーとしての地位を築いていると回答した割合が1.5倍も高いというのが、その表れです。」と述べています。

Topics: リーダーシップ, 社会貢献, コーポレートニュース

Products: