Adobe Premiere Pro CC、次世代放送推進フォーラムの4K放送素材搬入技術基準書で指定製品に

by Adobe Comms

Posted on 10-09-2014

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン 以下、アドビ)は一般社団法人 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が10月1日に公開した4K放送素材搬入技術基準書にて、XAVCファイル作成方法としてAdobe Premiere Pro CCが指定されたことを発表いたしました。

次世代放送推進フォーラムは、2014年6月からスタートしたChannel 4Kの放送主体であり、4K/8Kならびにスマートテレビを推進しており、4K放送番組のさらなる拡充のため、4K番組募集の発表を10月1日に行いました。この中で、放送素材としての基準として、XAVCフォーマットでの番組搬入が指定されています。また、放送サーバーとして採用されているPWS-4400との互換性の確認がとれているものとして、XAVCファイル作成方法も指定され、PWS-4400で作成されたものとともに、編集ツールとしては現時点では唯一、Adobe Premiere Pro CCが記載されました。

アドビでは、5年以上前から4K制作対応に取り組んでおり、最新のカメラフォーマットへの対応はもちろん、今回指定されたXAVCファイルについても2013年段階のAdobe Creative Cloudですでに対応しています。最新技術をいち早く製品に反映させ、2014年10月にリリースされた最新アップデートでは、XAVCファイルの固定バイトGOP出力にも対応しました。

4Kに限らず、クリエイティブの世界で日々進化するテクノロジーに対しても、Adobe Creative Cloudでは常に速やかに対応し、必要に応じて最新の機能を提供しており、今後もクリエイターのニーズに応えるAdobe Creative Cloudの開発を行っていく予定です。

Topics: クリエイティブ, ビデオ

Products: