Creative Cloud フォトグラフィプラン、ソフトウェアダウンロードカードで販売開始の話

by Adobe Comms

Posted on 10-23-2014

皆さん、こんにちは。アドビの栃谷です。

本日アドビより案内がありましたが、プロフォトグラファーと写真愛好家向けに販売している「Creative Cloud フォトグラフィプラン」が、全国の大手家電量販店にてソフトウェアキーカードの形態で、明日10月24日(金)より販売が開始されます。

これまでAdobe.comのみで取り扱っていた本製品ですが、Amazon.co.jp、Bicカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどで取り扱われる事により、皆様がお好みの場所で、現金など皆様のお好みの支払いにも対応できることになりました。

CCPP POSA

製品ラインアップとしては「Creative Cloud フォトグラフィプラン (12ヶ月)」と学生・教職員個人向けの「Creative Cloud フォトグラフィプラン (12ヶ月)学生・教職員個人版」の2種類ですが、双方共に同じ金額の12,701円(税込み、販売想定価格)です。月額980円 x 12ヶ月 + 消費税ですので、最新版のPhotoshop CCLightroom 5、さらにCreative Cloudのサービスである2GBのストレージも使えるなど、もっともお求めやすい価格帯でCreative Cloudが経験できるものです。

「ソフトウェアキーカードって何?」と思われる方は、利用方法も含めて、こちらをご覧ください。
店頭やオンラインショップでお求めいただけるCreative Cloud

フォト蔵_Adobeまた、この発売を記念して、写真共有サイトでおなじみの「フォト蔵」さんと一緒に、「Adobe Photo Museum(アドビフォトミュージアム)」という名画をモチーフとした写真作品の展示企画を始めました。

赤富士やビーナス、ひまわりなど、皆さんが目にしたことのある絵画がデジタルカメラで撮影してPhotoshopやLightroomで補正すると、どのように現代に生まれ変われるのか、というテーマです。ここでは見本ということもあるので、かなりレタッチしていますが、軽い気持ちで参加してみてください!

さらに、本日10月23日(木)より11月30日(日)の間はコンテスト作品の応募を受け付け、優秀作品はサイトならびに都内カフェギャラリーにて展示を行います。最優秀作品にはさらに賞金30万円が贈られます。

ということで、「Creative Cloud フォトグラフィプラン、ソフトウェアキーカードで販売開始」の話でした。

Topics: クリエイティブ

Products: