「炎」きました! Photoshop CC 自動生成シリーズ、新機能

by Adobe Comms

Posted on 10-29-2014

今回も新機能満載の **Photoshop CC MAX 2014 アップデート**ですが、「こんな Adobe マジックが!?」という新機能「炎」をご紹介します。そう、これはあの驚きの機能「」と同じスクリプトパターンによる自動生成機能シリーズの新コンテンツです!

パスを描いて描画

とにかく炎を描いてみましょう (描かせてみましょう)。最初にペンツールを使ってパスを描きます。背景は黒にしておくといいでしょう。

frame_path

[フィルター] メニュー、[描画] > [炎] を選択します。

Frame_Menu

以下のダイアログが出てきます。後はお分かりですね! 自由にパラメータを変えて遊んでみてください!

Frame_Dialog

開発者自ら解説するムービーでチェック

この「炎」は、以前ご紹介した「木」や「ピクチャーフレーム」と同じ Adobe の Daichi Ito によるものです。「木」の時と同様に、Daichi Ito 自らによる解説ムービーを YouTube でご覧頂くことができます。また、お気付きのとおり今回のアップデートでこの自動生成機能の位置が変わったのと同時に、従来の「木」と「ピクチャーフレーム」も強化されています。あわせてこの解説ムービーでご確認ください!

関連情報

Topics: クリエイティブ

Products: