Creative Cloud ライブラリに待望のアップデート。ライブラリを共有できるようになりました。

by Adobe Comms

Posted on 12-12-2014

アドビは、10月上旬のMAXでCreative Cloudライブラリを発表して以来、多くのユーザーから頂いたフィードバックを実現すべく、本日まで取り組んできました。

“Creative Cloud ライブラリをとても気に入っています。私のライブラリをクライアントやチームの皆を共有できるようになるとさらに便利になると思います”

Chana Messer
https://www.behance.net/chanaart

_**・とあるCreative Cloudユーザーからのコメント – 2014/10/16 11:03 am
**_ライブラリの共有やコラボレーションができないようですが、対応する予定はありますか?

そして、アドビから一足早いクリスマスプレゼントのお知らせです。本日、Creative Cloud ライブラリの新機能である、ライブラリの共有と管理機能をリリースいたします。

cclshare

Creative Cloudライブラリを使用し、PhotoshopとIllustratorでアセットを共有(英語)

Creative Cloudライブラリはあなたのクリエイティブ・プロファイルと常に同期し、画像、色、テキストスタイルなど様々なアセットを共有し、いつでも、どこからでもアクセスできます。例えば特定のブランドのプロジェクトで使用するアセットをライブラリで管理し、スタイルガイドを統一することができます。共有ライブラリはPhotoshop、Illustratorやモバイルアプリから利用ができライブラリ名の変更や、ライブラリ間のアセットの移動もできるようになりました。

ライブラリの共同利用:多くのユーザーが望んでいた機能を提供することができ、とても嬉しく思っています。これからも皆様のフィードバックをお聞かせいただければ幸いです。

*このポストは米国のAdobe Creative Cloudブログに投稿された内容の抄訳です。

Topics: クリエイティブ

Products: