Adobe モバイルアプリの歩き方 2. キャプチャーアプリ編

by Adobe Comms

Posted on 01-19-2015

「キャプチャー <Capture>」とは「取り込む、読み取る」

mobile-apps-showcase

2015年1月現在 Adobe が提供を行っているモバイルアプリには「キャプチャーアプリ」という新しいジャンルのアプリがあります。外出していても肌身離さず持ち歩くモバイルデバイスで、アイディアの源泉となる形や色を逃すことなく作品制作に活かす、それがキャプチャーアプリの目的です。上のアイコンパレードの右から3つがそれに該当し、iPhone および iPad アプリとして Apple App Store より無償で入手することができます <入手のためのリンクを各製品名に付けました>。

Shape、Brush、そして Color でキャプチャーして作成したアセットは、自分の Creative Cloud アカウントの Creative プロファイルに基づき、任意のライブラリに収納されます。ですので、ファイルベースで書き出したり、読み込んだりすることなく、アプリケーション内のライブラリパネル、あるいはメニューから直ぐに利用する事ができます。

CaptApp_Col

各キャプチャーアプリの使い方を解説した以下の記事を参考にしてください。

関連情報

Topics: クリエイティブ

Products: