Adobe Document Cloudで、文書業務を大幅改善。頭の痛い「紙の問題」を解消 #AdobeDC

by Adobe Comms

Posted on 04-07-2015

※以下の文章は米国時間 2015年3月16日に米国で公開されたブログ「Let’s Clear the ‘Paper Jam’」の抄訳版です。

「契約書の作成が大好き」、「経費報告書を片っ端から処理するのが楽しい」という人などいるでしょうか。誰もが、文書の保存や整理など、文書に関連した業務を行う上での不便さ、混乱、面倒、不安にはうんざりしています。文書業務は必要悪なのです。

アドビでは、文書がもたらす機能不全の度合いと、人々がプライベートや仕事で昔ながらのコミュニケーション方法に我慢している理由を探るために調査を実施しました。「The Paper Jam: Why Documents Are Dragging Us Down」と題した報告書では、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリアの5,000人を超える会社員の声がまとめられています。以下に、主な調査結果をいくつか紹介します。

こうした結果に基づくと、時代遅れになった業務プロセスのために従業員がかなりの負担を強いられていることは明らかです。しかし、このことはビジネスに影響するのでしょうか。IDCの調査「The Document Disconnect」の結果によると、電子化されていないシステムやプロセスは、業績や生産性にも影響を及ぼすことが明らかになりました。

**Paper Jam: Why Documents are Dragging Us Down **from Adobe

書類に関する苦労を断ち切る方法がついに見つかりました。Adobe Document Cloudにより、自宅、オフィス、デバイスにかかわらず重要な文書を管理する新たな方法を提供します。

Paper Jamに関する詳細は、こちらをご覧ください。

674
アドビ コーポレート レピュテーション担当ディレクター
Katie Juran

Topics: トレンド, B2B, ワークフロー効率化, 電子サイン

Products: