Adobe Photoshop Elements 14とPremiere Elements 14を発表

by Adobe Comms

Posted on 09-25-2015

私たちは日々の暮らしの中でさまざまな出来事に遭遇します。職場や家庭で過ごす時だけでなく、新学期の行事、週末の外出、スポーツ、趣味、休暇、友人や家族との集まりといったさまざまなイベントがあります。そして誰もがスマートフォンやタブレットを常に携帯していますので、写真やビデオを撮る機会が増えているのではないでしょうか。

その出来事の一瞬を簡単に記録しておくことができるようになったことは素晴らしいことですが、あなた自身がまさにその瞬間を体験しているわけですから、たいていの場合、照明や構図を考えている余裕はありません。常に完璧な写真やビデオを撮影できるとは限らないのです。Elementsチームはそういう悩みを持つ方向けに、最新のPhotoshop Elements 14 & Premiere Elements 14を開発しました。つまり、Elements 14は、ユーザーの皆さんがその瞬間に戻って、思い出に浸って、その貴重な瞬間を満喫できるようにサポートするために開発されたのです。Elements 14は、コンテンツインテリジェンス、機能の自動化、および使いやすいインターフェイスを採用することで、記念写真やちょっとしたビデオを、簡単な操作のみで目を見張るような写真やムービーへと作り変えるお手伝いをします。

Elements 14に搭載された新機能や機能向上をご紹介します。

Elements Organizerの新機能

見つけやすく管理も簡単に: Elements Organizerが刷新され、見たい写真とビデオを素早く見つけることができるようになりました。人物ビューが強化され、顔認識機能が改善されたほか、写真の読み込み中に人物別に分けられるため、特定の人物の写真を簡単に見つけることができます。

また、場所ビューが強化され、写真とビデオに簡単に場所情報がつけられるようになり、撮影場所情報に基づいて地図上に表示されます。さらに、イベントビューが強化され、撮影日に基づいて自動的にクラスタ化されるため、イベントごとにタグが簡単につけられます。

Photoshop Elements 14の新機能
~ あらゆる瞬間を、完璧な写真に ~

**手ぶれ軽減:**私たちは手振れ補正を「自撮りの友」と呼んでいますが、自撮りに限らず、カメラを手持ちで撮影したすべての写真で効果を発揮します。手元が安定しない状況で生じる手振れをクリックするだけで取り去ることができます。

**かすみを除去:**風景を撮影すると、空気中の湿気によって背景がぼやけることがあります。そういうときはかすみの除去機能で、背景を手前の被写体と同じくらい鮮明にすることができます。ワンクリックで画像のかすみを消すことができ、スライダーを使ってさらに細かい調整もできます。

**アクションショット用のガイド編集:**宙を舞うボールや疾走するバイクなど、スピード感にあふれた瞬間を撮影したら、モーションブラーを使ってその動きをさらに際立たせることができます。一連の操作はステップバイステップでガイドされます。

**ガイド編集でサイズ変更が可能に:**Webサイト上の特定のピクチャーフレームやスポットの大きさに合うように写真のサイズを変更したいときなど、新たなステップバイステップのガイドに従って、非常に簡単に変更できるようになりました。

**一瞬で髪の毛を選択:**例えば写真を合成するときに、髪の毛やペットの毛などの細かい部分を選択することは非常に面倒な作業でした。しかしこれからは、境界線を調整のオプションを使えば、選択したい場所をおおまかにペイントするだけで、Elementsが自動的にエッジを検出してきれいに選択します。

**どんな写真にも適切なカスタムエフェクトを:**写真になんらかのエフェクトを追加したいと思っても、どのエフェクトが最適なのか判断することは困難です。Elementsは、写真の被写体、色、光のあたり具合を分析し、スマートルックが適切と考えるエフェクトをかけたサンプルを5種類表示します。

**クイック編集がさらに簡単に:**クイック編集がさらに簡単に使いやすくなり、写真の回転や修正が旧バージョンよりも高速になりました。

Premiere Elements 14の新機能
~ あらゆる瞬間を、最高のムービーに ~

**モーションタイトルで魅力的なストーリーを:**素晴らしいムービーを作ったら、出だしが肝心です。プロが作ったように見える、アニメーション化されたタイトルで注目を集めましょう。Premiere Elements 14には、タイトルのデザインテンプレート(プリセット)が用意されていますので、テキストやグラフィックスを使ったアニメーションが簡単に作成できます。

**ガイド編集のカラーポップで簡単にシーンを演出:**画像データで特定の色だけを強調するカラーポップ効果は2014年に注目を集めた機能でしたが、これをPremiere Elementsのガイド編集に追加しました。特定のシーンを白黒にして、1色または複数の色だけを強調することで、ドラマ性を高める演出ができます。色調、彩度、明度は細かく調整することもできます。Elementsは、この作業をステップバイステップでガイドします。

**時間を操るガイド編集:**スローモーションや、逆に高速再生のエフェクトを追加できます。ステップバイステップのガイドに沿って、シーンを強調したり、緊張感やドラマ性を強調したいときにはスローモーションの、ストーリーを高速化したり、熱気や興奮状態を強調、あるいは面白いシーンを作るためには高速再生のエフェクトが簡単に加えられます。

**4K対応でHDを超える:**4K Ultra HDビデオカメラまたはTVをすでにお持ちの方でしたら4K映像の取り扱いが簡単なものではないということをご存じかと思います。Premiere Elementsを使えば、究極の映画体験が味わえる4Kムービーを編集および再生できます。*

**最高のサウンド:**音響は映画のムードを大きく左右します。本バージョンでは、旧バージョンよりも簡単に、サウンドを細かく調整できます。すべての音声機能を1ヶ所にまとめたことで、必要な機能を見つけやすくなり、新しいトグルスクリーンによってクリップ内の必要な音声またはビデオの部分だけに集中できるようになりました。

**複数のフォーマットに最適化したムービーを簡単に書き出し:**ムービーの書き出しを行う際に、Premiere Elementsが推奨設定を示します。これによって、iPadやiPod、その他のスマートフォンから大画面4K TVやHD TVまで、どのようなデバイスまたはスクリーンでも素晴らしい見栄えとなるムービーを作成できます。*

アドビのFacebookPinterestTwitterをフォローしてください。今後のアップデートや製品の詳細に関する情報が入手できます。また、新機能を紹介したYouTubeチャネルもご利用ください。

皆さまからのご意見をお待ちしています。Photoshop Elements 14Premiere Elements 14は本日より販売開始です。お使いになって、お気に入りの機能をFacebookページへのコメントで教えてください。

*この製品は、特定のアドビまたはサードパーティが提供するオンラインサービス(「オンラインサービス」)に連携またはアクセスできる場合があります。オンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシー(www.adobe.com/go/terms をご覧ください)に同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。

対応する4Kカメラ:GoProHero 4 Black、Sony XperiaZ3V、SONY FDR-AX100 4K HANDYCAM、Panasonic DMC-GH4 (MP4 and MOV)、Motorola Moto X (2014)、Xiaomi Mi4.

Topics: クリエイティブ, ビデオ

Products: