Adobe Digital Index:バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場した未来の技術実現度調査

by Adobe Comms

Posted on 10-21-2015

Back-to-the-future_top

【2015年10月21日】

本日、1989年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」の中で主人公マーティーとドクがタイム・トラベルをした未来の日付として登場した、2015年10月21日(「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」)をむかえました。

そのことを記念し、Adobe Digital Index(ADI)では、ソーシャル上での言及数をもとに、映画の中で登場した2015年の技術がどれだけ実現されているかを分析し、発表しました。

VRやホバーボードといった11項目においてそれぞれ成績付けを行い、実現度を「B+」と総合評価しました。

Slide14

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に関するデータ:

調査の詳細は以下のURLおよびSlideshareをご覧ください。

**Back To The Future Meets Today **from Adobe

**How Accurate Was ‘Back To The Future II’ From A Technology Standpoint? **from Adobe

CMO.com

Adobe Digital Index / Emerging Media

Time Circuits On: ADI’s Take On Tech From ‘Back To The Future Part II’

http://www.cmo.com/articles/2015/10/16/back-to-the-future-adi.html

【調査概要】
調査ツール:Adobe Marketing Cloud
言及データ数:1億件以上
対象ソーシャルメディア及びブログ:Facebook、Google+、Reddit、Twitter、Dailymotion、Flickr、Instagram、Tumblr、VK、Disqus、Foursquare、Metacafe、Wordpress、YouTube

Adobe Digital Indexについて
アドビは、企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して定期的に調査しています。本調査は、アドビのソーシャル分析ソリューションであるAdobe Socialを活用したソーシャルリスニングのデータに基づいて行われました。Facebook、Google+、Reddit、Twitter、Dailymotion、Flickr、Instagram、Tumblr、VK、Disqus、Foursquare、Metacafe、Wordpress、YouTube上で公開されている投稿を収集し、分析しています。

Topics: リーダーシップ, 社会貢献, コーポレートニュース

Products: