アドビ、新しいデータマーケットプレイスを発表

by Adobe Comms

Posted on 11-12-2015

※当資料は、2015年11月10日に弊社米国本社から発表されたメディアアラートの抄訳です。****

【2015年11月12日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2015年11月10日):Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、同社のデータ管理プラットフォーム(DMP)であるAdobe Audience Managerで新たなデータ交換を可能にするAudience Marketplaceを発表しました。Audience Marketplaceは、広告主と媒体社とをつなぐ専用のデータのマーケットプレイスであり、個別契約の手間をかけることなく、セカンドパーティやサードパーティのデータの売買が可能になります。また、データ交換によって、企業は自社にとって価値の高いオーディエンスセグメントを特定し、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、ターゲットを絞りパーソナライズされたコンテンツを提供できるようになります。

コメント

アドビのデータマネジメント部門ゼネラルマネージャーであるアミット アフジャ(Amit Ahuja)は、次のように述べています。「Audience Marketplaceは、マーケットチャネル全体においてマーケターによるオーディエンスの管理、活性化、収益化の方法を再定義します。当社は、他社とは異なり、データ交換自体でデータを収益化しようとするのではなく、お客様とデータプロバイダーをつなぎたいと考えています。」

Samsung Electronics Americaのパーソナライゼーション シニアプロダクトマネージャーであるジェシー ラスカリス(Jesse Laskaris)氏は、次のように述べています。「Samsungはあらゆるデジタルタッチポイントにおいて、お客様に高次元でパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することに注力しており、Adobe Audience Managerは、当社のクロスチャネルデータエコシステムにおいて重要な役割を果たしています。Audience Managerによって、当社のファーストパーティデータと、セカンドパーティおよびサードパーティデータを統合し、価値の高いオーディエンスセグメントを構築します。そして、プログラマティックバイイングやWebサイトのパーソナライゼーション、その他のチャネルごとの戦略を実施することで、効果的にお客様を理解して対応することが可能になります。さらにAudience MarketplaceとAdobe Audience Managerを活用することにより、新たなサードパーティデータソースをより素早く評価、利用し、効率的なクロスチャネルのパーソナライゼーションを推進することができるようになりました。」

Camelot Strategic Marketing and Mediaのエマージングメディアテクノロジー担当シニアバイスプレジデントであるスチュアート ワトソン(Stuart Watson)氏は、次のように述べています。「これまでのデータマーケットプレイスには、データの価格と品質において透明性が欠けていました。広告主と媒体社はそれぞれのファーストパーティデータの間に親和性があり、価値があることを認めています。Audience Marketplaceは、両社がもたらす価値を透明性によって保護します。当社のクライアントは、今では媒体社のファーストパーティデータの品質と規模をシームレスかつ効率的に評価し、ペイドメディア経由だけでなく、Webサイト、電子メール、アプリといったタッチポイント全般にわたって活用しています。」

関連リンク

Topics: リーダーシップ, 社会貢献, コーポレートニュース

Products: