Premiere Pro CC 2015.2 アップデート

by Adobe Comms

Posted on 01-28-2016

※この記事は英語版ブログ記事の翻訳です。

Adobe Premiere Pro CC最新アップデートをリリースしました。今回のリリースでは全てのユーザーに推奨される複数のバグへの対応がなされています。Creative Cloudをご契約いただいている方、ならびに体験版をお使いの方であれば、1月28日からアップデートをご利用いただけます。なお、このアップデートでは、Premiere Pro CC 2015プロジェクトファイルがアップデートされることはありません。

下記リストの問題改善に加えて、再生設定で高品質再生オプションが選択できるようになりました。これまでのリリースでは、再生解像度の設定のみが用意され、リアルタイム再生パフォーマンスに最適化されていました。デフォルト設定では、一時停止時および再生時ともにフル画質の解像度設定がなされていても、再生時の画質が一時停止時と比べてわずかにソフトな見た目になっていました。この高品質再生オプションを有効にすれば、一時停止時に近い再生画質となり、よりスムーズな視聴体験が提供されます。高品質再生オプションでは、メディアファイルの種類やハードウェア構成によりドロップフレームが発生する場合があります。多くの環境では、デフォルト設定の方がリアルタイム再生の点でよい選択となるでしょう。

Premiere Pro CC 2015.2では以下の問題に対応しています。

Topics: クリエイティブ, ビデオ

Products: