Adobe Digital Index: ヨーロッパの夏季休暇に関する調査

by Adobe Comms

Posted on 05-27-2016

【2016年5月27日】

アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Index (ADI) 」として公開しています。この度、ヨーロッパにおける夏季休暇に関する調査を実施し、米国人と比較してヨーロッパ人は、夏季休暇によりお金をかけることが分かりました。

adi_summer_002

また、ヨーロッパ人のソーシャル投稿による観光地の人気度を調査したところ、バッキンガム宮殿が最も多く、続いてタージ マハル、自由の女神がトップ3にランクインしました。都市別でみると、ロンドンの観光地トップ3として、バッキンガム宮殿、タワーブリッジ、ビック ベンが入りました。パリのルーブル美術館、凱旋門、エッフェル塔、ローマのコロッセオおよびアテネのアクロポリスもランクインしました。

adi_summer_003

本調査に関する詳細は、以下のURLおよびSlideshareをご覧ください。

CMO.com

ADI: We’re All Going On A Summer Holiday(英語)

http://www.cmo.com/adobe-digital-index/articles/2016/5/23/adi-europe-travel-report-2016.html

Europe Travel Report: Adobe Digital Index (英語)

**ADI Europe Travel Report **from Adobe

Topics: デジタルトランスフォーメーション

Products: