Illustrator & InDesign 2016年アップデート

by Takashi Iwamoto

Posted on 06-22-2016

Illustrator & InDesign 2016年6月 アップデート

2016年6月リリースのIllustratorとInDesign、皆さんはもう体験しましたか?
両アプリケーションともにさまざまな機能のアップデートがありますが、今回は派手な新機能と言うより!?ユーザーからのフィードバックをもとにワークフロー改善に焦点を当てた ” かゆいところに手が届く ” 機能強化が行われています。そのため気がつかないところで、既に今回のリリースでの恩恵を受けているといったことも・・・具体的に見てみましょう。

Illustrator CC – 新機能ハイライト –

InDesign CC – 新機能ハイライト –

今回のアップデートの詳細は、3夜連続で放送されたCC道場「初夏の3夜連続スペシャルでぜひチェックしてください。ここでは、特に反響の多いIllustratorのアップデートについて、ご紹介します。

アセットの収集と一括書き出し

アートボードごと、もしくは個々のパーツを選択し、ワンクリックで、一度に複数サイズや解像度、モバイルのOSに合わせたフォーマットに書き出すことができます。Web用のアイコンや画面のUIデザインなどを制作する方にとって特に最適です。

Icons_on_artboards

新しい [ アセットの書き出し ] パネル内にアートワークからパーツをドラッグして収集します。書き出しオプションにはさまざまなファイル形式やサイズ、iOSとAndroidのアイコンに必要なファイルの種類が選択できるように用意されています。こちらの動画でその書き出しが強化されたことをご覧ください。

Video

さらに [ アセットの書き出し ] パネルに配置されたパーツの色や形を変更した場合、その変更がすぐに反映され自動的に更新されます。

Artboard_export

様々な目的・用途に応じた書き出しを一度に行えるだけでなく、素材の更新も容易に行うことができる、協力な機能向上です。

ライブシェイプと変形パネルの機能強化

今のIllustratorの象徴ともいえる、直感的に作図可能な「ライブシェイプ」にも多くのフィードバックを取り入れています。シェイプ形状が小さいサイズに縮小されるとコーナーウィジェットが自動的に非表示になります。

ライブシェイプ

多角形を選択した際、変形パネル上に「多角形のプロパティ」が表示されます。多角形の 縦横比率を変更した場合、変形パネルの新しいオプション「辺の長さを等しくする」をワンクリックで、形が調整されます。

Polygon_transformed

変形パネルの改良はこれだけではありませんよ。 図形以外の、文字や画像、テキストや含む任意のオブジェクトを回転させた場合でも、すばやく元の角度に修正することができます。今まで角度を元に戻そうとしても手動では細かい角度の補正が厳しかったのですが、非常に便利になりました。

パネルを変換

いかがでしょうか。地味ではありますが、作業効率を上げるための機能が随所にちりばめられたアップデートになっています。

ぜひ、アップデートまたは体験版でお試しくださいね!

アップデートを行う際の注意点

今回のアップデートですが、特に印刷業界の方々は、細かいバージョンの違いも気になるもの。
PhotoshopやIllustratorなどのデスクトップアプリは基本的に、今までのものと共存させることができます。(Adobe BridgeとInDesignは上書きです)
共存させる場合はインストールする際、必ず「詳細オプション」で「以前のバージョンを削除」のチェックを外してからアップデートしてください。
Creative Cloudデスクトップツール_オプション画像

Topics: クリエイティブ, デザイン

Products: