Acrobat Readerモバイル版アプリのストレージオプションがさらに充実。Box、Microsoft OneDriveにも対応 #AcrobatReader

by Adobe Comms

Posted on 08-19-2016

今年5月にAdobe Acrobat DCがBoxとMicrosoft OneDriveと連携しました。これにより、デスクトップ版のAcrobat DCから選択したクラウドストレージにPDFを保存できるようになりました。

この度、iOS版のAdobe Acrobat Readerモバイル版アプリがアップデートされ、iOSドキュメントピッカーを活用することで、iPhoneやiPad上でも、選択できるクラウドストレージの種類が増えました。すでに連携しているDropboxに加えて、iCloud Drive、Box、Microsoft OneDrive、Googleドライブなどのクラウドストレージに保存できます。

使い方は次のとおりです。

クラウドストレージの追加:

  1. Boxなどのクラウドストレージアプリをデバイスにインストールします。
  2. Acrobat Readerモバイル版アプリで**[ローカル]**をタップします。
  3. **[その他の場所…]**をタップします。
  4. インストールされているアプリの一覧が表示されます。デバイスにインストールされているクラウドストレージのアプリがウィンドウに表示されます。

acrobatreadermobile-1

クラウドストレージの管理:
[ローカル]から**[その他の場所…]を選択し、次に[その他]**をタップしてアプリの設定を管理します。

  1. ファイルプロバイダへのアクセスをオンからオフへ、またはオフからオンへ切り替えられます。
  2. 3本線のアイコンを長押しして、ドラッグしながら位置を移動させると並べ替えができます。
  3. 新しくインストールされたアプリを確認できます。青色のドットは、新しいアプリがインストールされ、使用できる状態にあることを示しています。

acrobatreadermobile-2

お好みのクラウドストレージを使用して、場所を問わずPDFにアクセスし、迅速に作業を行うことが可能です。今後のAcrobat Readerモバイル版アプリの機能強化にもご期待ください。

Topics: デジタルドキュメント, 製品情報, 業務効率化, PDF

Products: