クリエイティブな工夫が満ち溢れてる! Adobe MAXの目玉のひとつ 「コミュニティ・パビリオン」

by 齋藤 あきこ

Posted on 11-14-2016

連日お届けしているAdobe MAXのレポート。本日はコミュニティ・パビリオンをご紹介!コミュニティ・パビリオンとは、Adobeがおくる様々な趣向を凝らしたブースをはじめ、マイクロソフトやNVIDIA、Go Proなど、錚々たるメーカーが新製品などを引っさげて出展する展示ブースや休憩ラウンジなどなど、講演やセッションの合間に楽しめる仕掛けがいろいろ用意されている、MAXのメインの催しのひとつ。それでは今年のAdobe関連ブースの見どころをお届けしよう。

30645035592_0cf7d10e21_k

Adobeブースでは、各製品の最新版をお試し可能。Adobe Sparkにて、サンディエゴの思い出のムービーが5分足らずで完成!

Adobeブースでは、各製品の最新版をお試し可能。Adobe Sparkにて、サンディエゴの思い出のムービーが5分足らずで完成!

■クリエイティブな脳の動きとは?!「your brain on MAX」

dscf1014

脳波を検出する無線ヘッドセット「Emotiv」を装着し、人間がクリエイティブな作業をしているときの脳の状態をビジュアライズする「your brain on MAX」。

dscf1222

集中、興奮、興味、エンゲージメント、ストレスなど、いま使っている脳の状態が、その場でアニメーションとなって生成される。

こちらが「Emotiv」

こちらが「Emotiv」

30725001166_b8817073d2_k

Adobe社員がレクチャーしてくれる

自分のデバイスを持ち込んで測定することも可能

自分のデバイスを持ち込んで測定することも可能

■まさかのスケートランプ

dscf1019

今年フィーチャーされていたのが、Adobe Stock関連のブース。なんとAdobe Stockの素材を使ったスケートデッキで滑れる、スケートランプが用意されていたのにはびっくり!

dscf1140

Adobe Stockの素材を使ったスケートボード

30673610351_ed90274bdf_k

dscf1022

まさかカンファレンスのパビリオンに巨大スケボーランプを作ってしまうとは…! Adobeってすごい。キッズのスケーターも参加し、スケートを楽しんでいました。

30729785062_bf40ed58de_k

もう一つのAdobe Stockをフィーチャーしたブースが「lost masterpieces gallery」。Adobe StockとPhotoshopで、失われた名画を再生させるプロジェクトで作られた作品が、美術館の名画のように飾られていました。プロジェクトの詳細はこちら(https://blogs.adobe.com/creativestation/general-how-to-re-make-a-masterpiece)。

dscf1145■アーティストを支援する「Adobe Creative Residency」

30725000216_70520422e4_k

「Adobe Creative Residency」とは、Adobeによるクリエーター支援のプロジェクト。1年間のアーティスト活動の資金を、Adobeが援助。このレジデンシーの特徴は、アーティストが個人のプロジェクトに専念できるよう、その人が住む場所で支援をするということ。特定の場所に滞在する必要はなく、自由な活動ができる。

左からSyd Weiler、Christine Herrin、「Adobe Creative Residency」を担当するLibby Nicholaou、Shiori Takei

左からSyd Weiler、Christine Herrin、「Adobe Creative Residency」を担当するLibby Nicholaou、Shiori Takei

ブースには、2015年にレジデントを行ったアーティストのChristine Herrin、Syd Weiler、Sara Dietschy、Craig Winslowらが参加。

dscf1260

dscf1273

Craig Winslow

自らがデザインしたスタンプとジンを手がけるクリスティーン、オリジナルのパターンのデジタル・ブラシを作るシド、失われた建物のサインをプロジェクション・マッピングで復活させるクレイグ、ユーチューバーのサラら、個性豊かなアーティストが来場者とコミュニケーションしていた。「Adobe Creative Residency」の取り組みについてはこちら (http://www.adobe.com/about-adobe/creative-residency.html)。

■クリエイターから作品が買える!MAX marketplace

30484778390_71629745dc_k

世界中から1万人のクリエイターが集うAdobe MAX。ということで、クリエイター同士のコミュニケーションを促進する催しも多数行われている。パビリオンでは、Tad Carpenter、DKNG、Aaron Draplinらのクリエイターが、自身の作品の即売会を行った。

30697274341_d159b124dc_k

30154120934_ba0892efa9_k■ お土産はここで!MAX store

USBハブ

USBハブ

そして、お土産はここで!「こんなものまで?!」が揃っているMAXストアをチェックするのも参加者の楽しみ。Adobeグッズのバリエーションの豊かさに驚かされます。

バッテリーチャージャー

バッテリーチャージャー

Adobeロゴのスマホスタンド

Adobeロゴのスマホスタンド

モバイルチャージャー

モバイルチャージャー

■ 休憩所もキュート!

30761941885_ff53cf8c87_k

見るべきものがたっくさんあるMAX。英気を養うための休憩所も工夫が凝らされている。プールで使うビニールの浮き輪や、リラクゼーション効果バツグンのハンモックなど…。休憩所にも遊びごころがあるのが楽しい。

30673607491_0183318683_k

ほか、VRコンテンツが多数出展されていた企業ブースなど、新しいものとの出会いをたくさん提供し、来場者を楽しませてくれたコミュニティ・パビリオン。ビールや軽食が振る舞われる、参加者全員が参加できる交流パーティなども開催され、昼夜問わず賑わいを見せていた。来年はどんなものと出会えるだろう?

Topics: クリエイティブ

Products: