データドリブン型パーソナライゼーションにより自動車内でのエクスペリエンスを一新

by Adobe Comms

Posted on 09-28-2017

アナリティクス、コンテンツ配信、広告の新機能によりコネクテッドカーの音声操作や自動運転を促進

米国の消費者は、1日当たり平均55分(英語)を自動車の運転に費やしており、企業の消費者とのエンゲージメントの場として、大きな可能性を秘めています。音声インターフェイス、自動運転技術、インフォテインメントシステムアプリの進化とそれに伴う車載コネクテッドサービスのエコシステムの拡大により、消費者の関心と期待は高まる一方です。自動車メーカーとアプリの開発者は、安全性を損なうことなく、シームレスでパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスをドライバーと乗客に提供するという課題を抱えています。

アドビは、自動車内でのエクスペリエンスを向上させるため、Adobe Experience Cloudに、車載用途に重点を置いたアナリティクス、パーソナライゼーション、広告の新機能を追加しました。これにより自動車メーカーと車載用アプリ開発者は、さまざまなタッチポイントから得た消費者データを活用し、パーソナライズされたプレイリスト、ドライブルート上のお勧めスポット、オーディオ広告といった多様なコンテンツを提供することが可能になります。世界の主要な自動車メーカー10社がすでにAdobe Experience Cloudを利用しています。アドビはブランド企業やAutomotive Grande Linux Project(英語)などのエコシステムプレイヤーと共に、新しい車載デジタル機能の開発に取り組んでいます。

アドビのエマージングビジネス部門Adobe Experience Cloud担当バイスプレジデントであるアミット アフジャ(Amit Ahuja)は次のように述べています。「自動車業界では、車載デジタルサービスが新しい収入源になりつつあります。そして、エクスペリエンスビジネス(顧客体験中心のビジネス)を目指すブランド企業の動きを後押ししています。消費者の期待がこれまでになく高まっている中で、個々の利用者の好みに応えるためには、データとインサイトにもとづいたコンテンツの提供が不可欠です。車に乗ることがパーソナライズされた没入型のデジタル体験になりつつある中、アドビはブランド企業があらゆる場所で優れた顧客エンゲージメントを実現できるツールを提供します。」

Adobe Experience Cloudの新しいコネクテッドカー機能は、以下の通りです。

Adobe Experience Cloudについて

Adobe Experience Cloudは、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた8つのソリューションで構成される包括的なクラウドサービスです。Adobe Experience Cloudは、Adobe Senseiのマシンラーニングおよび人工知能(AI)の機能を活用し、世界水準のソリューション、完全かつ拡張可能なプラットフォーム、包括的なデータおよびコンテンツシステム、堅牢なパートナーエコシステム、卓越した体験を届けるための専門知識を兼ね備えています。

Adobe Senseiについて

Adobe Senseiは、アドビのクラウドプラットフォームに組み込まれるフレームワークとインテリジェントサービス群で構成されており、デザインとデジタルエクスペリエンスの提供を大幅に改善します。人工知能(AI)とマシンラーニングの統合フレームワークにより、アドビが蓄積してきたコンテンツとデータアセットおよび、デザイン、ドキュメント、およびマーケティング分野の深い専門知識を活用しています。詳細は、Adobe Senseiのサイトをご覧ください。

※本記事は、2017年9月11 日に米国本社から発表されたメディアアラートの抄訳です。

Topics: デジタルトランスフォーメーション

Products: