Adobe Stock API: アプリケーションの登録 #AdobeIO

by Eiichi Fukushima

Posted on 04-03-2018

この投稿について

Adobe I/O デベロッパーブログを読んで頂き有り難うございます。Adobe Stockにフォーカスをあて、数回のシリーズに分けてAdobe Stock APIの導入方法・機能説明・APIコールの使用例を紹介しています。前回の投稿では、Adobe Stock APIの概要を掲載しましたが、本投稿は、導入部分のアプリケーション登録に関してより詳しく掲載しています。

コンテンツ

アプリケーションの登録の前に

アプリケーションを登録して、API Keyを入手する前に、下記の項目を考慮してください。

上記の項目を明確にしてから、Adobe Console上でアプリケーションを登録する事をお勧めします。Adobe Consoleの使い方については、以前、Adobe I/O デベロッパーブログに投稿した「Adobe I/Oのアプリケーション開発を始める前に #AdobeIO」をご参照ください。

APIの認証リクエスト

現在、Adobe Stockは、アセットの検索と購入が可能なAPIを提供しています。アプリケーションが利用するAPIの種類により、必要となる認証方法を決定します。

ユーザー、または、組織のクレデンシャルを使用して認可されたAPIリクエストは、”Bearer”トークンを含むAuthorizationヘッダーが必要となります。全てのLicence / License History APIリクエストは、Authorizationヘッダーが必須である一方、Search APIリクエストは、任意となります。認可されたリクエストが必要かどうか、下記のStock APIの使用例を参考にご確認ください。

Search API

使用例

認証方法

Licensing API

使用例

認証方法

インテグレーションタイプと登録

全てのAdobe Stock APIを統合したアプリケーションは、Adobe I/O Console上で登録されており、下記のインテグレーションタイプから一つを選択する事になります。

**ユースケーステーブル
**

下記のテーブルは、ユースケースに基づき、一般的に使用される(アプリケーションの)インテグレーションタイプを示しています。

Service Account OAUTH API KEY ONLY
Enterprise 〇*1
DAM 〇*1
Marketing Platforms 〇*2
POD / Retaill
Affiliates

*1: OAuth integrationをEnterpriseやDAMアプリケーションで利用出来ますが、通常、ユーザーのAdobe Stockへの直接サインインによる認証ではなく、代わりにアプリケーション自身が認証を行います。

*2: プラットフォームから各ユーザーの所有するAdobe Stockアカウントへアクセスをする場合は、OAuthで認証し、プラットフォーム自身がアセットを購入後にそれらをユーザーへ提供する場合は、Service Accountで認証するのが一般的ですが、ユーザーの定義したワークフローにより異なります。

各ユースケースの違い

関連リンク

デベロッパーブログ記事一覧

  1. デベロッパー向け技術情報を日本から発信します #AdobeIO
  2. Adobe I/Oのアプリケーション開発を始める前に #AdobeIO
  3. Adobe Stock APIの紹介 #AdobeIO
  4. Adobe IDによるOAuth認証 #AdobeIO

次回のブログ
次回は、認証ヘッダーとAPIコールの使用例を説明します。

投稿者
Eiichi Fukushima

Topics: Adobe I/O, コーポレートニュース

Products: