アドビ、NRF 2020にてAdobe Experience Cloudの 顧客体験管理における新たなイノベーションを発表

by Adobe Comms

Posted on 01-15-2020

小売業界は劇的な変化のさなかにあります。今日の顧客は好みのモバイル機器やコンピュータを使い、店内に設置されたキオスクの他、電子メールやさまざまなソーシャルチャネルに触れており、規模の大小を問わずすべての小売企業にとってデジタル消費者のニーズに応えることが必須となっています。

直近のホリデーシーズン(2019年11月から12月末まで)においては、特にモバイルを中心とするオンラインショッピングが、小売全体の売上成長の原動力となっていることが示されました。分析ソリューションAdobe Analyticsのデータ(英語)によると、2019年のホリデーシーズンにおける米消費者のオンラインショッピング金額は過去最高の1,425億ドルに達し、前年比13.1%の伸びとなりました。注目すべき点としては、このeコマースの成長のうち84%がモバイルデバイスによるものだったことが挙げられます。しかし同時に、実店舗が「終焉を迎える」との論調は甚だしく誇張されたものであり、オンラインで注文して店舗で受け取る BOPIS(Buy Online Pick-up In Store)は前年比35%の成長となっています。Warby Parker、Allbirds、およびCasper Beddingをはじめとする、デジタルネイティブブランドによる店舗開設が増えてきていることも、実店舗が活気あることを示すもうひとつの証拠です。

小売企業の間では、ハイパーコネクティビティの時代において競争力を維持し、ブランドロイヤリティを高めるための鍵が顧客体験管理(CXM)であるとの認識が広がってきています。購入の場所がどこであるかに関わらず消費者は自身に関連性の高い魅力ある体験を求めており、また最高のブランド体験の提供にはデータ、インサイト、およびデジタルコンテンツを適切に組み合わせることが必要とされます。米国の大手オンライン小売企業100社のうち80社はAdobe Experience Cloudを使用しています。アドビは、企業が自らの顧客に対する理解を深め、リアルタイムで、またそれぞれの規模に応じてインパクトあるエクスペリエンスを提供するための、最先端の推進力となっています。

アドビはNRF 2020にて、小売企業がデジタルと実店舗の両方の店頭において顧客体験を包括的に管理することを支援するための、Adobe Experience Cloudのイノベーションを発表しました。新機能には以下のものが含まれます。

これらの新しいイノベーションのデモはNRF2020のアドビのブース(#5810)にてご覧いただけます。またRite-Aid、Whirlpool、およびAlbertsons Co.をはじめとするグローバル企業による、Adobe Experience Cloudのアプリケーションを活用したCXM推進事例も展示されています。

※本記事は、2020 年1 月14 日にアドビの小売および旅行&観光業界戦略担当ディレクターのマイケル クライン(Michael Klein)が投稿したブログの抄訳版です。

Topics: デジタルトランスフォーメーション, イベント, 顧客理解とデータ活用, マーケティング, 業務効率化, Adobe Sensei, キャンペーン管理, 体験構築とコンテンツ活用, ワークフロー効率化

Products: