CCアプリで、見つけたいい感じの文字をiPhoneカメラで取り込みインストールしてみる

by Tsuyoshi Nakao

Posted on 04-20-2020

Creative Cloudアプリを使ってiPhoneやiPadにAdobe Fontsをインストールする事ができますが、アップデートでカメラを使ってライブに取り込んだフォントを元にAdobe Fonts検索する機能が追加されました。これはAdobe Captureの技術をベースにしたものとなってます。

Creative Cloudアプリを起動して、フォントタブをクリックします。

CCアプリ iPhone版起動画面

Creative Cloudアプリ iPhone版起動画面

カメラを起動

画面下部の①フォントタブをクリック後、②カメラアイコンをタップしてカメラを起動

カメラが起動したら、お気に入りのフォントを写真を撮るようにキャプチャーして、Adobe Fonts内から検索します。

CC App 写真から検索

検索候補の左端にある青いボタンをタップしてインストールしていきます。一度に複数のフォントを選択する事ができます。

フォントをインストール

インストールしたAdobe Fontsは、CCアプリはもちろん、その他のアプリでも利用できます(アプリによっては利用できないものもあります)。ここではKeynoteで利用してみました。

KeynoteなどのiWorkアプリやMicrosoft Officeでも利用可能

Adobe Creative Cloud iPhone・iPad版は、App Storeで検索するか、こちらのページのリンクからインストールしてください。

Topics: クリエイティブ

Products: