Adobe Document Cloudから、Webアプリ内での完結なPDFエクスペリエンスを実現する新たなSDKが登場

by Adobe Comms

Posted on 04-20-2020

PDFは、文書を通じた共同作業のための共通語となりました。より多くの個人、小規模事業、大企業がリモートワークを取り入れること伴い、PDFファイルは今までよりも頻繁に送信および共有されています。実際、2019年だけでも、2,500億件以上のPDFファイルがアドビのアプリで開かれました。

ところが、デベロッパーやパブリッシャーが共同作業を行うにあたり、以下のような課題もあがります。

本日、Adobe Document Cloudから新たに登場したView SDKおよびServices SDKにより、顧客向けウェルカムキットの作成や契約書の管理など、文書作成エクスペリエンスが簡素化されます。昨年11月にソフトローンチしたView SDKを使用すれば、独自のwebやアプリのエクスペリエンスにPDFビューワーを組み込み、カスタマイズすることが可能です。Service SDKには、PDFの作成や編集のためのAPIが搭載されています。どちらのSDKにも、わかりやすいサンプルコードやドキュメント類が含まれているため、お客様のために、シームレスで統一されたPDFエクスペリエンスを素早く立ち上げ、稼働させることができます。

アドビは、24年以上の経験を活かし、これらのSDKを開発しました。電子文書を発明し、Adobe Acrobat、Acrobat Reader、Adobe Scanなど、世界最高のPDFツールを生み出しています。先述のSDKが加わり、スキャン、署名、編集から、PDFの編集や検索のための文字認識(OCR)対応に至るまで、PDFを使って可能な開発の定義を塗り替えています。View SDKとServices SDKの機能の一部を以下にてご紹介します。

これらのサービスは始まりに過ぎません。アドビは、最高品質のAcrobat PDF機能を組み込んだ開発を支援するため、Adobe Signを使って電子的に書類に署名する機能も含め、さらなるサービスを予定しています。Adobe SenseiのAIや革新的な機械学習テクノロジーを利用し、PDFの新しい可能性を切り開く方法を模索しています。巨大なPDFレポジトリから簡単にコンテンツ概要を抽出できるアプリケーションや、PDFからデータを自動抽出し、時間や手間のかかる作業を解消できるアプリケーションを開発できるとご想像ください。今後が楽しみです。

Adobe Document CloudのView SDKおよびServices SDKの詳細は、こちら(英語)をご覧の上、ダウンロードしてください。

Topics: デジタルドキュメント, 活用術, 製品情報, 業務効率化, 電子サイン

Products: