アドビ、Magentoマーチャントリテール体験を向上させる新しいAI機能「Live Search(ライブサーチ)」を搭載

by Adobe Comms

Posted on 12-02-2020

COVID-19が、私たちの生活、コミュニケーションや仕事のやり方に大きな衝撃を与えたことは明白で、人々の生活のこれまでになく多くの部分がオンラインに移行せざるを得なくなりました。

ほとんどすべての小売業者にとって、ウイルスの蔓延は実店舗の突然の閉鎖を意味しました。またそれは、新規の買い物客とつながり、既存の顧客との関係性を深め、収益をあげるための手段としてデジタルコマースチャネル以外の選択肢がないということでもありました。実際、Adobe Analyticsから得られた最新のホリデーショッピングのデータによると、今年のホリデーシーズン(11月から12月末まで)における米国でのオンライン消費は1,890億ドルとなることが見込まれています。

このようなオンラインチャネルへのシフトは、同時に新たな課題を小売業者に突き付けました。それは、オペレーションのスピードを上げつつレジリエンス(困難に負けない耐性)を維持し、進化する顧客の期待に応えられるテクノロジーを迅速に選定するという課題です。大企業は、人工知能(AI)とデータの組み合わせから日常的なプロセスやタスクを最適化する、という恩恵を長らく受けてきました。中小規模の小売業者にとっても、このテクノロジーは、よりパーソナライズされた関連性の高いショッピング体験を大規模かつ費用効果の高い方法で顧客に提供する上で重要な差別化要因になっています。最近のガートナーの世論調査(英語)によると、COVID-19で世界中の多くの企業が影響を受けたにもかかわらず、30%の組織はAI技術への投資を増やす予定であることが示されています。

パンデミックが去った後もオンライン経済が小売業を席巻することは間違いなく、そのためアドビは、AIおよび機械学習テクノロジーであるAdobe SenseiMagento Commerceへの統合に取り組んでいます。このたび、世界中の事業者(マーチャント)がよりデータ駆動型かつパーソナライズされたオンラインショッピング体験を提供できるようにする、新たな統合を発表します。

Product Recommendations(商品レコメンデーション)機能に「Visual Similarity(視覚的類似性)」レコメンデーションタイプを追加

私たちは、マーチャントのツールキットに新しいAI機能を追加することで、継続してこの機能のイノベーションを重ねています。今回追加される「Visual Similarity(視覚的類似性)」レコメンデーションタイプは、Adobe Senseiの視覚的AIを使って商品画像を認識処理し、パターン照合します。これにより、マーチャントは、色、形状、サイズ、素材、スタイルなどの視覚的属性を元に、買い物客が購入を検討している商品と見た目が似ている商品のレコメンデーションを提供できます。この機能のメリットは、カタログに含まれる膨大な商品の中から幅広い商品を買い物客に提示できることで、顧客は見ている商品の代替案をすべて検討できるようになり、商品との出会いとインスピレーションの機会がさらに拡大します。このレコメンデーションは視覚を元に動作するため、消費者の行動データの初期収集と分析を事前に行う必要がある他のレコメンデーションタイプよりも迅速に実装することが可能です。

視覚的類似性レコメンデーションタイプは、Magento Commerceのマーチャントすべてを対象に12月8日から提供を開始します。

最新のリテール体験を提供する、AI活用の「Live Search(ライブサーチ)」

オンラインショッピングでは、消費者は探しているものを素早く簡単に見つけたいと思っています。そのため、買い物客を待たせたり複雑な操作を要求せず、最も関連性の高い検索結果を提示できることが小売業者の競争優位性となります。Econsultancyの調査(英語)によると、効果的なサイト検索機能は買い物客にとって重要なインタラクションポイントであるだけでなく、小売業者が適切に実装することでコンバージョン率を50%以上高めることができます。

Magento Commerceのマーチャントは、まもなくストアフロントにAdobe Senseiを搭載したサイト検索機能を追加できるようになります。マーチャントがこの新機能「Live Search(ライブサーチ)」を使えば、買い物客の行動を継続的にAIが分析して時間の経過とともに賢くなっていくインスタント検索(search-as-you-type)を提供し、検索を販売促進に活かせるようになります。Live Searchは、商品レコメンデーションと同様に買い物客の行動分析に基づいているため、商品レコメンデーションを導入済みのマーチャントであれば実装は簡単です。

なお、ライブサーチ機能は、Magento Commerceのマーチャントを対象に、2021年前半に提供開始の予定です。

※本記事は、2020年11月23日にコマース製品およびプラットフォーム担当バイスプレジデントのジェイソン ウースリー(Jason Woosley)が投稿したブログの抄訳版です。

Topics: デジタルトランスフォーメーション, 顧客理解とデータ活用, Adobe Sensei, デジタルコマース, パーソナライズ

Products: