Adobe Analytics | Update ワークスペースのテンプレート機能のご紹介 (初心者向け)

by アドビ カスタマーサクセス

Posted on 02-17-2021

ワークスペースをこれから始める方向けのテンプレート機能のご紹介

Adobe Analyticsにはワークスペースのレポートを目的別で表示する便利なAdobe標準のテンプレートがあることをご存知でしたか?

今回はAdobe Analyticsをこれから始める初心者の方向けのテンプレート機能をご紹介いたします。普段ワークスペースを使っている方々には、目的別でレポーティングを作成するための新しいヒントを得れると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ワークスペースのテンプレート機能について

ワークスペースでは新しくレポートを作成するときに、0からレポートを作成する空のプロジェクトと、2種類のテンプレートプロジェクトから選択してレポートを作成することが出来ます。テンプレートにはAdobeが提供する標準テンプレートと、各組織内のユーザーと共有するためのカスタムテンプレートの二種類があります。

20種類以上のAdobe標準テンプレートを利用することで、目的別で簡単にレポートを作成し、ワークスペースをこれから始める方にとって新しい分析アイデアを得ることが出来ます。

オススメのAdobe標準テンプレート①トレーニングチュートリアル

トレーニングチュートリアルでは、分析プロジェクトを作成する際の一般的な用語と手順について説明します。初めてワークスペースを操作する方の学習に活用いただけます。

主な特徴

オススメのAdobe標準テンプレート②クイックインサイト

クイックインサイトでは、各社が利⽤する最も⼈気のあるディメンション、指標、セグメントおよび⽇付範囲を使用し、プルダウンメニューから選択することで、初心者でも簡単に分析を実行出来ます。

主な特徴

オススメのAdobe標準テンプレート③WEB-獲得

WEB-獲得では、 サイトへのトラフィックを増加させる主な要素を分析することが出来ます。広告担当者など、サイト集客と流入経路分析を担当している方々への簡易レポートとして使うことが出来ます

主な特徴

オススメのAdobe標準テンプレート④WEB-定着

WEB-定着では、サイトへの常連訪問者の詳細や再来訪頻度を簡単に表示し、定着分析をすることが出来ます。サイト内の回遊施策など内部キャンペーン担当者の方向けのレポートとしてお使いいただけます。

主な特徴

オススメのAdobe標準テンプレート⑤WEB-コンテンツ指標

WEB-コンテンツ消費では、 サイト内で最も消費され、ユーザーを惹きつけているコンテンツを分析出来ます。「コンテンツベロシティ」を含む、コンテンツマーケティング担当者向けのレポートを表示します。

主な特徴

オススメのAdobe標準テンプレート⑥WEB-技術

WEB-技術では、サイトにアクセスするためにユーザーが使用しているテクノロジーを分析することが出来ます。サイト訪問ユーザーの地域別テクノロジートレンドの調査をする際にお役立ちいただけます。

主な特徴

これらのAdobe標準で提供されているテンプレートを使い、まずはレポートのアイデアを学習しながら、みなさまのサイトの特性に応じたカスタムテンプレートの作成にチャレンジしてみてください。

この記事のPDFファイルはこちら
「Adobe Analytics | Update ワークスペースのテンプレート機能のご紹介 (初心者向け)」https://landing.adobe.com/content/dam/landing/uploads/2020/jp/dxcsm/AA_20210120_WS_templates.pdf

Topics: デジタルトランスフォーメーション, カスタマージャーニー, 顧客理解とデータ活用, カスタマーサクセス, Products: Experience Cloud, Analytics,