Apple シリコン搭載Mac対応のAdobe Photoshopの提供開始-選択のスピードアップ、フィルターの高速化、パフォーマンスの向上を実現

M1チップ搭載Macでネイティブに動作するPhotoshopの最初のバージョンの提供開始、ならびにクラウドドキュメントのバージョン履歴とクラウドドキュメントのオフラインアクセスという2つの重要な新機能を搭載した、Photoshop iPad版の最新バージョンもリリースしました。

By Takashi Iwamoto

Posted on 03-10-2021

Photoshopデスクトップ版Photoshop iPad版をぜひダウンロードしてお試しください。

本日、新しいM1チップ(Appleシリコン)を搭載したMacでネイティブに動作するPhotoshopの、最初のバージョンをリリースします。新しい世代のMacをお使いの皆さんに、全体を通して有意なパフォーマンス向上をもたらすことが内部テストで確認済みです。

また、クラウドドキュメントのバージョン履歴ならびにクラウドドキュメントのオフラインアクセスという2つの重要な新機能を搭載した、Photoshop iPad版の最新バージョンもリリースしました。

さらに、Adobe Camera Rawプラグインでは、新しい「スーパー解像度」機能が利用可能になりました。この機能は、先駆的な機械学習技術を利用してワンクリックで画像の解像度を上げ、これまで以上に高品質な仕上がりを実現します。

PhotoshopがM1搭載Macにネイティブ対応

A picture containing text, electronics, display
Description automatically generated

本日からPhotoshopは、M1チップを搭載したMac上でネイティブに動作し、この新たな環境で得られたパフォーマンスの向上を十分に活用しています。私たちの内部テストでは、ファイルの開封や保存、フィルターの適用をはじめ、コンテンツに応じた塗りつぶし、被写体の選択など負荷の高い操作を含むアプリケーションの多くの部分で、同様に構成された前世代のシステムでの平均パフォーマンスが約1.5倍向上し、顕著に高速化されていると感じています。個々の機能のパフォーマンスは、多くの動作条件に基づいて変動する可能性はありますが、これらのベースラインの数値は、強力な出発点となります。今後もAppleと協力してさらにパフォーマンスの最適化を進めていきますが、現時点の結果には非常に満足しています。新しい世代のMacをお使いの皆さんにも、この違いを気に入っていただけると思います。起動時にまばたきをしていると、スプラッシュスクリーンを見逃してしまうかもしれません。

最高のツールを迅速に提供することをミッションとしている私たちにとって、開発の進捗状況を共有しながら、皆さんの厳しい目を通したフィードバックを収集できたことが、Photoshopをこの新しいアーキテクチャに対応させる際に役立ちました。M1チップ搭載MacのPhotoshopをより良い体験にするために、ベータ版をご利用いただきましたユーザーの皆様に感謝いたします。

一方で、新しいM1チップ上で動作させるための移植が完了していない機能もあります。具体的には、クラウド上での「編集に招待」や「プリセットの同期」のような、最近加わった新機能の一部は、M1ネイティブで動作しません。

しかし、アプリケーションの他の部分におけるパフォーマンスの向上が非常に効果的だったため、チームは一部機能の移植の完了を待たずにリリースすることを決断しました。もし、これらの機能がワークフロー上欠かせない場合は、公式ビルドへの移植が完了するまでは、Rosetta 2エミュレーション環境に切り替えてお使いください。

Appleシリコン搭載MacでのPhotoshopのサポートについての詳細は、こちらをご覧ください。

Photoshop iPad版

Photoshop iPad版には、クラウドドキュメントのバージョン履歴のサポートと、クラウドドキュメントのオフライン作業対応という、2つの大きな新機能を追加しました。

クラウドドキュメントのバージョン履歴

Graphical user interface, application, website
Description automatically generated

クラウドドキュメントはすべて自動保存されますが、内部的には保存のたびにバージョン履歴も記録されていました。今回の新機能は、この履歴を最大60日まで遡って確認し、任意のバージョンに復帰できるようにするものです。特定のバージョンを選択して有効期限が切れないようにブックマークすることもできます。ブックマークに名前を付けたり、名前を変更したり、永久保存したりすることも可能です。この機能にアクセスするには、上図のように、ホーム画面上の任意のドキュメントの「…」メニューをタップします。

特定のバージョンへの復帰や、名前によるバージョン管理の実現により、バージョン管理と編集ワークフローの柔軟性が大幅に向上します。

Graphical user interface, website
Description automatically generated

Graphical user interface, website
Description automatically generated

クラウドドキュメントのバージョン履歴の詳細については、こちらをご覧ください。

クラウドドキュメントのオフライン作業が可能に

Graphical user interface, application
Description automatically generated
任意のクラウドドキュメントを、オフラインでも作業できるようにローカル保存することが可能になりました。クラウドドキュメントをダウンロードする機能には、ホーム画面からアクセスできます。iPadの空き容量を増やしたいときのために、ローカルに保存したドキュメントを削除する「オンラインのみで保持」コマンドも用意しています。気が変わったら、いつでも再ダウンロードできます。

Graphical user interface, application
Description automatically generated

クラウドドキュメントをオフラインで使用する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

Adobe Camera Rawプラグインの「スーパー解像度」機能

A picture containing penguin, bird, black, aquatic bird
Description automatically generated

10メガピクセルの写真をワンクリックで、非常に高品質な40メガピクセルのスーパー解像度写真に変換できるとしたら?本日私たちは、PhotoshopのAdobe Camera Rawプラグインの新しい「スーパー解像度」機能をリリースしました。この機能は、近日中に、LightroomとLightroom Classicからも利用可能になります。

写真を単純に拡大処理すると、大抵の場合ディテールがぼやけてしまいます。ところが、スーパー解像度技術は何百万枚もの写真でトレーニングされた高度な機械学習モデルを使い、クリーンなエッジと重要なディテールを保持しながらインテリジェントに写真を拡大します。さらに、その計算にはグラフィックカード(GPU)を活用するため、処理は超高速です。

このボタンの背後には、いくつもの高度なサイエンスが集約されています。Adobe Camera RawプラグインとLightroomの開発には、トップクラスのイメージングサイエンティストが多数携わっていますが、その一人であるエリック チャン(Eric Chan)がブログ記事でこの機能の詳細をご紹介しています。ぜひご覧ください。

皆様の変わらぬご支援に感謝いたします

Photoshopを通じて世界をより素晴らしい場所へと高めてくださる、私たちの大切な友人でもある皆さんに感謝します。私たちはいつも、それを励みとして仕事に取り組んでいます。

この記事は2021年3月10日(米国時間)に公開されたAdobe Photoshop Ships on Macs with Apple Silicon: Gains Speedier Selections, Filters and Performance Boostsの抄訳です。

Topics: フォト,

Products: Creative Cloud, Photoshop,