Let’s Design 自分の就活!〜デジタル時代の最新自己PR術〜

Let’s design 自分の就活!デジタル時代の最新自己PR術について、国内外の就活ストーリーを交えながらお届けしたDesign Jimoto Studentイベントレポート

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト
自動的に生成された説明

By Shiori Takei

Posted on 03-15-2021

みなさん、こんにちは。お天気の良い日が続き、早咲きの桜がちらほら見られるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

Creative Cloud Community Managerの武井です。

2月終わりから3月にかけて日本特有、就活シーズン到来と言うことで、先日こちらのイベントを実施しました。

エントリーシートなど規定の就活フォーマットだけでは盛り込みきれない自己PR要素をクリエイティブツール活用でどう見える化していくか、登壇者の体験談を混ぜてお届けしました。

イベントの冒頭では、衝撃的なこちらの「就活狂想曲」という映像作品をご紹介させてもらい、参加者と一緒に改めて日本の就活のあり方について考え直してみるところからスタートしました。

「就活狂想曲」animation “Recruit Rhapsody”

ごく普通の大学生として何となく過ごしてきた主人公。ところが近頃友人たちの様子がおかしい。聞けば、彼らは噂の”就活”に躍起になっているらしい。それが一体どのようなものなのか見極められぬまま、主人公もまた「ニッポン式就活」の渦中へと引きずり込まれて行く。

吉田まほさん 2012年度作品

そもそも「働く」とは?

人生に正解がないのと同様、就活の方法もそれぞれ個々人に合った方法で自分の強みをしっかり発揮できる「働く」に繋がる社会にしたいですね。

プログラム

1. イントロ

2. 学生の本音

3. 私たちの就活ストーリー(国内編)

4. 私たちの就活ストーリー(海外編)

5. 採用担当の本音

6. クリエイティブツール活用術

最初まずは、日本の企業数や国内外の働き方の実情をデータベース元に把握し、その上で登壇者それぞれの就活ストーリーにて国内外の事例をシェアしてもらいました。その次に、どうやって活用したら良いのか、実践的なツール活用術をお届けしました。

映像にて個性豊かな就活ストーリーと具体的なツール活用術をご覧ください。

イベント中にシェアした、簡単にデザインのプロセスを活用して自分たちの身の回りの問題を深ぼることのできるワークシート、「Design Jimoto 未来ビジョンワークシートwith SDGs」企業や学校での活用も始まっています。ご興味ある方は是非活用してみてください!

また、教育機関向けAdobe Spark活用情報はこちらから!

デジタル時代、それぞれの可能性を拡張するために、デジタルツールを活用して「自分らしく」働く人が増えることを願っています。

自分たちの時代、自分たちでちゃんとデザインしていきましょう!

Topics: デザイン, クリエイティブ, イベント, コミュニティ, 社会貢献, 教育,

Products: Creative Cloud, Illustrator, Photoshop, Spark, Stock, XD,