Adobe Campaign | Update Adobe CampaignとAdobe Analytics/Adobe Target連携を活用したカート放棄イベント対策例

ブランドイメージの統一とLTVの最大化はECの命題の一つですが、仕組みとして実装・実現するためにはたくさんの課題があります。本記事では、リマーケティング施策とブランドメッセージの統一施策をAdobe Experience Cloudのソリューション連携機能を活用して実現する方法をご紹介いたします。

Adobe Experience Cloudのソリューション連携機能”Triggers”とは?

Adobe Experience Cloudのソリューション連携機能である”Triggers”は、Activationサービスに含まれる最新のタグ管理製品で、マーケターが主要な顧客行動を定義および監視できるフレームワークです。このフレームワークを利用すれば、リアルタイムでの意思決定とパーソナライゼーションに役立つクロスソリューションのコミュニケーションを実現し、コンバージョン/売上を最⼤化、ブランドメッセージを統⼀し、LTVを最⼤化を目指すことが出来ます。

施策例:

Adobe Analyticsとの連携

コンバージョン/売上を最大化するためには、カート放棄というイベントが発生した後1時間前後でのリマーケティングが重要であると言われています(上記グラフ参照)。Triggersを利用しAdobe AnalyticsとAdobe Campaignを連携させることで、カート放棄後のリマーケティングメッセージを迅速に配信することが可能となります。

POINT

・Adobe Analyticsによるイベント検知後、最短15分(条件による)程度で Campaign 上のフローを自動実行することが可能。

・その際、カート放棄のような定型アクションだけでなく、カスタム計測したイベントの発生や、それらの組み合わせによる離脱トリガー(フォームを入力したけど送信しなかった)、特定セッションの開始/終了といった複雑な行動を発火条件とすることも可能。

Adobe Targetとの連携

Adobe Analyticsとの連携に加え、さらにAdobe Targetとも連携させることにより、ECとメールで表示されるレコメンド商品を同一化し、接客メッセージを統一することが出来ます。これにより、LTVの最大化が実現可能となります。

Point

・Adobe Targetからの動的な画像をAdobe Campaignの電子メール配信に挿入可能

◎この記事のPDFファイルはこちら

「Adobe CampaignとAdobe Analytics/Adobe Target連携を活用したカート放棄イベント対策例」

https://landing.adobe.com/content/dam/landing/uploads/2020/jp/dxcsm/CSM_Report_ACC_REC_20210224.pdf