Adobe Acrobat for Microsoft Teamsで共同作業を効率アップ

アドビは「Adobe Acrobat for Microsoft Teams」をリリース、提供を開始しました。他ユーザーとの共同作業が可能となり、チーム単位でPDFにコメント記入やレビューを行うことができます。

Adobe Acrobat for Microsoft Teams

By Adobe Comms

Posted on 04-12-2021

アドビは先日、Adobe Acrobat for Microsoft Teamsをリリースし、既に一般公開されています。Adobe Acrobat for Microsoft Teamsを使用すれば、Microsoft Teams内でのPDFの共同作業が可能となり、PDFへのコメント記入やレビューをチーム単位でおこなえるようになります。

2020年、それまで「働き方の選択肢のひとつ」だったリモートワークは、必要不可欠なものへと変わりました。仕事の期限を守るだけでも大変なのに、それに加えてこれまでとまったく異なる働き方に順応することを余儀なくされた一年でした。振り返れば、2020年はソフトウェア業界への警鐘だったのかもしれません。どれだけ優れた機能でも、自社製品の「システム」内でのみ動作するのでは完全ではなく、他の製品とスムーズに統合し、無駄な作業が発生しないソフトウェア製品が必要なことが浮き彫りになりました。ユーザーが必要なソフトウェアを探すことなく、必要なときにソフトウェアが手元にあり、毎日使用するワークスペースから即座にアクセスできる状態が本来のあるべき姿です。

多くの組織が共同作業やリモートコミュニケーションツールとしてMicrosoft Teamsを採用しています。Microsoftによれば、Microsoft Teamsの1日のアクティブユーザー数は1億1,500万人を超えるそうです。その大きな利点のひとつは、ユーザー同士のコミュニケーションに活用できるアプリが豊富に揃っていることです。アドビとMicrosoftの戦略的パートナーシップにより、Adobe Acrobat for Microsoft Teamsを使用して、文書上で共同作業する新しい方法が間もなく実現しようとしています。

共同作業に必要なあらゆるツールをひとつのワークスペースに集約

共同作業する機会が多いものといえば、文書ではないでしょうか。しかし、電子メールでレビュー用の文書を送信すると、複数の担当者から返送されてきたいくつものファイルを取りまとめなければならず、混乱を招くことも少なくありません。そのような共同作業の煩雑さを解消するのがAdobe Acrobat for Microsoft Teamsです。Adobe Acrobat for Microsoft Teamsを使用するとワークフローが効率的になり、短時間でより多くの業務をこなせるようになります。

コメントとレビュー

コメントとレビューイメージ

Acrobat for Microsoft Teamsでは、文書の共同作業を包括的、かつリアルタイムでおこなえます。例えば、複数名がTeams内の文書を同時に開き、コメントを直接記入してレビューすることが可能です。TeamsまたはOneDriveからファイルを選択するか、ローカルコンピューターからPDFをアップロードすれば、Microsoft TeamsでPDFを直接開くことができ、デザインのレビューも簡単におこなえます。コメントに返信することも可能で、追加したコメントはTeamsの文書に自動的に保存されます。

進捗状況の通知

チームのレビュー担当者がコメントを追加したときはすぐに知りたいものですが、自分で何度も更新状況を確認する必要はありません。Adobe Acrobat for Microsoft Teamsには、チームのメンバーがPDFにコメントを追加すると自動的に通知が表示される機能があります。

フィードバックの調整に要する時間を短縮

レビュー担当者は、他の人がコメントを付けた文書をそのまま表示して返信できるため、フィードバックが重複したり、別々のコピーに記入されたコメントを追跡したりする必要はありません。

使用方法

使用方法のイメージ

Microsoft Teamsを開き、「Adobe」で検索します。インストール可能なアプリとして、Adobe AcrobatAdobe SignCreative CloudWorkfrontが表示されます。インストールできない場合は、所属先の管理者に依頼してインストールできるようにしてもらいましょう。サービスを利用するには、Adobe IDが必要です。

共同作業の効率アップ

まもなく新しい年になりますが、幾多の困難の中で事業活動を続けている皆様に心から敬意を表します。今求められているのは新しい働き方に適応し、役に立つソフトウェアです。アドビとMicrosoftのパートナーシップは、そんな時代の先頭に立つべく結ばれました。Adobe Acrobat for Teamsはその最新のイノベーションですが、機能拡張は今後も続きます。どうぞご期待ください。2021年には、共同作業を直感的で簡単におこなえる、新シリーズの統合アップデートを公開予定です。

*Adobe Acrobat for Microsoft Teamsのアドインは、現在英語版での提供のみとなっております。

Topics: News, Productivity, B2B,

Products: Acrobat,