Community Fund Report | 6月の最新アップデート情報 #AdobeResidency

Adobe Creative Residency Community Fund プログラムに参加しているメンバーのクリエイティブ活動のアップデートを毎月お知らせします。プログラムの申請もこちらから。

By Ryota Kawanishi

Posted on 06-21-2021

Adobe Creative Residency プログラム担当のRyotaです。

Adobe Creative Residency Community Fund プログラムに参加しているメンバーのクリエイティブ活動をお知らせいたします。6月は新たに6名の新しいCommunity Fundメンバーに参加いただきました。

(6月のオリエンテーションのスクリーンショット)

Community Fundについて興味のある方は、こちらから詳細チェックしてみてください。
申請についても引き続きお待ちしています。

まず、プロジェクトの紹介の前に、直近のイベントの紹介から。
AdobeとTikTok共同で行っている若手クリエイター支援のプログラム「【NEW LAYERS】 -誰も見たことのないクリエイティブを。-」 の一環で定期的に行っている、アドビ講師及びTikTokクリエイターによる実践的なワークショップの第3弾を7/5(月) 17:00に開催します。無料で参加できますので、ぜひこちらから登録お待ちしてます。

■第3回 TikTok | Adobe ワークショップ CREATIVE JUMP

内容:フォロワー数230万人トップクリエイターが伝授!ぞのさんっが語る「夏を切り取る表現術」
登壇者 :TikTokクリエイター ぞのさんっ
日程 :2021年7月5(月) 17:00〜18:15
開催場所:オンライン (ZOOM)
参加費用:無料
申込方法:事前登録フォーム※ 参加者受付中

過去開催したワークショップのアーカイブはこちら

プロジェクト作品紹介

ここでは、これまでにAdobeの委託プロジェクトとして完了し公開されたものを紹介していきたいと思います。興味を持ったクリエイターの方のポートフォリオやSNSのリンクを載せていますので、気になった方はぜひフォローしてください。

■ Acrobat DC ビジュアル - 坂口 拓
Behance / Twitter / Instagram
PDFの閲覧や編集ができるAcrobat DCに親しみと楽しさを印象付けれるようなビジュアルが欲しいということで、スタートしたビジュアル制作。製品の良さをどうビジュアルで表現してかつ退屈にならないようなビジュアルにするかというのは、担当者とも一緒になって色々とアイディアを出したり試行錯誤がありました。「紙の書類をデジタルに変換して、どのデバイスでも時間や場所を問わず編集していく様子」をビジュアルで表現していただきました。

ブログやメールや広告でも使用するため、さまざまなサイズでのビジュアル展開もしていただきました。静止画以外にもポップで楽しいアニメーションも付けていただいたのがこちらに公開されているのでぜひチェックしてください。

https://blog.adobe.com/jp/topics/digital-document.html

■ The Ocean Agency ポスターデザイン&ワークショップ – トミナガハルキ
Behance / Twitter / Instagram
今年のアドビの年始挨拶用アートワークも担当いただいたトミナガさん。グローバルのでの取り組みをしているUN OCEAN DECADE (国連海洋科学の10年)のプロジェクトの一環として、NPO団体のThe Ocean Agencyと連携したポスターデザインのワークショップをアドビ社員向けに行っていただきました。デザインのアイディア発想や、どのように人の視線を対象物に注視させるようにレイアウトするのかなどとても実践的なワークショップやアドバイスをいただき、社員も自らポスターのデザインを提出しグローバルでコンテストを行いました。

ワークショップだけではなく、トミナガさんにもポスターを制作いただきました。その作品がこちら。Adobe StockやOcean Image BankというThe Ocean Agencyが無料で提供している海洋の素材などをコラージュした神秘的なビジュアル。サカナのようにみ新しい生物にも見えるこのビジュアル。

「一見すると一匹の深海生物のように見えますが、拡大すると小さな生物の集合体になっています。海の生き物たちはお互いに補完しあっていて、お互いなしでは存在できないのです。」というとてもハッとさせられるコンセプトとメッセージの作品。担当の方もお気に入りの作品だったとメッセージをくれ、サイトのトップビジュアルにも使われていました。

https://www.behance.net/gallery/120842807/The-Ocean-Agency-Poster-UN-OCEAN-DECADE

このポスターは、パリのユネスコ本部に7月2日まで実際に展示されています。(トミナガさんの作品も実際にプリントされて展示されている様子を担当者が写真を送ってくれました。)

実際に現地に見に行きたいですが、この状況下では…ということで、こちらのオンライン展示ギャラリーから参加させてもらいます!世界中から参加したクリエイターの作品がダウンロードできます。今後も他の国連の場所を含めて展示会場が増えていくようですので、多くの人にこの作品に触れていただき、この活動を通して海洋の問題に少しでも興味を持って普段の行動を少しでも変えられるとうれしいです。

■ Photoshop iPad Tutorial – Ayane Motomitsu
Behance / Twitter / Instagram
熊本地震や豪雨の被災地復興をクリエイティブの力で支援する 「災害支援クリエイター」として活動いただいたAyaneさん。活動のブログはこちらで紹介していただいていますが、Community Fundから派生して、Photoshopのチュートリアルの作成にもご協力いただいています。フリーのフォトグラファーとして世界を旅行されていましたが、現在は国内のフォトジェニックなスポットでの撮影や、Photoshopの講座などをされて素敵な作品を作られています。今回はPhotoshopのiPad版でAyaneさんの制作フローやテクニックを公開していただいているので、ぜひ参考にしていただければと思います。

【アーティストに学ぶ】#16 Adobe Photoshop iPad 版 x Ayane:桜のリフレクションを作り出す

【アーティストに学ぶ】#17 Adobe Photoshop iPad 版x Ayane:和傘の色を変えてカラフルな写真に

いかがでしたか、今後公開されるプロジェクトも引き続きこちらのブログで紹介していきます。興味ある方は、Community Fundの申請お待ちしています。

コミュニティーファンドとは?

Adobe Creative Residency Community Fund はクリエイターの創作活動を支援するためにグローバルで設立されたファンドで、毎月メンバーが参加しプロジェクトをスタートしています。ファンドには「個人プロジェクトのサポート」と「アドビの委託プロジェクト」2種類あり、「個人のプロジェクト」では自身で制作したい作品などの企画やコンセプトを進めていただき「アドビの委託プロジェクト」では、個人のスキルやタイミングに応じてアドビから制作物の依頼やセミナーでの講師、ポートフォリオレビューなどさまざまなプロジェクトを依頼させてもらいます。

コミュニティファンドへの申請

TwitterやInstagramでハッシュタグ #AdobeResidency と検索していただくと、イラスト、グラフィックデザイン、フォト、ビデオ、モーションデザインなど様々なクリエイティブをされているみなさんの日々の活動がアップデートされていますのでぜひチェックしてみてください。
海外プロジェクトの作品はこちらに紹介されていますのでご覧ください。
プログラムのベネフィットの一つとしても、この世界中で活躍しているクリエイターとのコネクションやつながりを持てること、さらにグローバルで活躍するきっかけになればと思います。申請お待ちしています。

Topics: クリエイティブ, コミュニティ, 教育,

Products: Creative Cloud,