アドビが目指す「心、おどる、デジタル」。新社長の神谷が国内における事業戦略を発表

6月29日、神谷 知信が4月の社長就任後初となる報道関係者向け説明会を行いました。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を大きく推進させる新たな事業戦略をご紹介します。

By Adobe Comms

Posted on 06-29-2021

ビジョンは「心、おどる、デジタル」

6月29日、アドビジャパンの神谷 知信が社長就任後初となる報道関係者向け事業戦略説明会を行いました。この日発表した国内における新たな事業戦略をご紹介します。

日本のDXを加速させるには

今年4月に代表取締役社長に就任した神谷 知信は、2014年10月のアドビ入社後、Creative CloudDocument Cloudを含むデジタルメディア事業を統括してきました。デスクトップから、クラウド・サブスクリプション化というアドビのDX(デジタルトランスフォーメーション)をリードし、成功に導いた経歴の持ち主です。

戦略説明会は神谷のこれまでの経歴紹介からスタート。アドビの業績ハイライトに続いて神谷が掲げたのは、「心、おどる、デジタル」という、アドビの国内における新たなビジョンでした。

昨今、コロナ禍に伴うテレワークやWeb商談の急速な普及もあり、多くの企業や学校、官公庁がDXの課題に直面しています。これまで日本では、業務の自動化や効率化という観点でデジタルの活用が進んできましたが、それがビジネスそのものの改革につながることは稀でした。

テクノロジーの活用は、業務の効率化、省力化、生産性の向上に留まることが一般的で、データとデジタル技術の活用により業務そのものを見直し、サービスや製品、ビジネスモデルを変革していくというDX本来の意義には、なかなか結び付かないのが現実でした。

「心、おどる、デジタル」を支える要素

創業以来、「世界を変えるデジタル体験を」をグローバルミッションに掲げ、デジタル体験を通して世界をより良く変えることを目指してきたアドビは、デジタルの役割が単に人の役割を代替するだけであるとも、デジタルが人と対立的な関係になるとも考えていません。

目の前の課題を解決することはもちろん、その一歩先にある新しい社会や働き方を見据え、他ではなし得ない喜びと感動をデジタルの力で創造することこそが、アドビが考えるDXです。そして、改革の源にはいつも人の自由な発想や創造力――クリエイティビティがあります。「心、おどる、デジタル」というビジョンは、このような私たちのデジタルに対する考え方を示すものです。

このビジョンは、「Digitalize」、「Delight」、「Amaze」、「Foster」の4つの要素で成り立っています。

「心、おどる、デジタル」を実現する3つの軸

そして、この新しいデジタルトランスフォーメーションを実現するために神谷が示したのは、以下の3つの軸でした。

Shape, arrow
Description automatically generated with medium confidence

アドビは「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、日本のお客様のDX推進を積極的に支援していきたいと考えています。アドビが社員一丸となって提供する新たなデジタルエクスペリエンスに、ぜひご注目ください。

Topics: コーポレートニュース, デジタルトランスフォーメーション, イベント, コーポレート,

Products: Creative Cloud, Document Cloud, Experience Cloud,