Zeplin for Adobe XD プラグインを使ってデザインを共有しよう!

新しくなった Zeplin plugin for Adobe XD では、デザインやコンポーネントを XD から Zeplin ワークスペースにパブリッシュする際のパフォーマンス改善と新機能の追加が行われています。

by akihiro kamijo

Posted on 07-09-2021

どんなデザインチームも、Adobe XD と Zeplin を使えば素晴らしい体験を形にできます。完成した XD のデザインを、構造化され整理された Zeplin のワークスペースにパブリッシュすれば、開発者、製品マネージャー、コピーライターなどチームの誰もが最終的なデザインにアクセスして、何を構築するのか明確に把握できます。Zeplin が提供する情報は、デザインの経験がない人でも簡単に理解できます。

XD チームと Zeplin チームはこれまで数年に渡って協業してきました。XD から Zeplin に書き出す機能を最初の統合として発表したのは 2018 年のことですが、今では毎月、数千のデザインチームが百万以上のデザインを XD から Zeplin にパブリッシュしています。そして今回、XD と Zeplin の統合のアップデートとして新しいZeplin for Adobe XD プラグインを公開することになりました。これまで以上に簡単にデザイナーと開発者、そしてチーム全体が協業できるようになります。

新しいプラグインでも、XD からデザインやコンポーネントを Zeplin のワークスペースに書き出す手順は変わりません。プラグインをインストールしてからオブジェクトを選択し、プラグインのコマンドを実行すると、Zeplin アプリを開くよう指示されます。

パブリッシュの手順は同じでも、今回のプラグインはAdobe XD Plugin API を使った全く新しいコードから構築されています。これによりパフォーマンス改善に加え、いくつかの新しい機能を XD と Zeplin のユーザーに提供します。

これらの機能が Zeplin for Adobe XD プラグイン に追加されたことで、デザインの公開がこれまで以上に容易にできるようになりました。利用後のデザインチームの声を聞くことを楽しみにしています。

まず手始めに、Zeplin for Adobe XD プラグインをインストールしてください。XD から Zeplin にデザインを書き出す方法についてより詳しく知りたい方は Zeplin サイトに公開されているこちらの記事(英語)をご覧ください。

この記事は Share designs and collaborate with the Zeplin for Adobe XD plugin(著者:Mike Schwartz)の抄訳です

Topics: クリエイティブ, UI/UX & Web,

Products: XD,