Community Fund Report | 7月の最新アップデート情報 #AdobeResidency

Adobe Creative Residency Community Fund プログラムに参加しているメンバーのクリエイティブ活動のアップデートを毎月お知らせします。プログラムの申請もこちらから。

By Ryota Kawanishi

Posted on 07-19-2021

Adobe Creative Residency プログラム担当のRyotaです。
Adobe Creative Residency Community Fundプログラムに参加しているメンバーのクリエイティブ活動をお知らせいたします。

Community Fundについて興味のある方は、こちらから詳細チェックしてみてください。
申請についても引き続きお待ちしています。

Adobe Creative Residency Community Fund

クリエイターの創作活動を支援するためのプログラムで申請受付中。アドビからの委託プロジェクトや個人プロジェクトなどのサポートを行い、ポートフォリオになるような作品づくりや経験や制作の過程を共有してキャリア構築のきっかけや、クリエイター同士が繋がれるコミュニティーとなっている。

Learn more

カレンダープロジェクト募集中

まず、直近でアドビから募集するプロジェクトについてお知らせです。2022年度用の卓上カレンダーを今年もCommunity Fundでクリエイターの方にビジュアルを提供いただくことになりました。年末年始にアドビの社員全員をはじめ、アドビと関係がある企業にもノベルティとして配布したりと多くの方の目に触れる機会になると思います。

今年のカレンダーは毎月のカレンダーのほかに6つのメッセージカードがあり、そのメッセージの部分のビジュアルを6名のクリエイターに制作いただきました。

TKD DESIGN OFFICE さん
TURBO さん
Katsuhiko Fukui さん
Shintaro Miyashima さん
tomo.n さん
T.Fujishima さん

中には、実際にどうやってそのビジュアルを制作したのかを 「CREATIVE CLOUD 道場」に登場して解説いただく機会もあり、ここからまた別のプロジェクトやお仕事にもつながるチャンスにもなるかも知れません。

【CC道場 #351】Creative Cloudを使い倒して、ジャンルの垣根を越えよう!宮島信太郎

こちらのカレンダープロジェクトは、今月末 7/31(土)までの募集となりますので興味のある方は、こちらのCommunity Fund 申請から、必要情報を入力の上「アドビ委託プロジェクト」(Commission) を選び、「やりたいプロジェクトリクエストや要望など」の項目で“カレンダープロジェクト”と記入してください。該当する方にはチームからご連絡をさせていただきます。募集するビジュアルのジャンルは様々なので、特にこのメッセージボードのビジュアルがやりたいなど要望欄に追記いただければと思います。

▼カレンダープロジェクト参加方法

募集締切: 7/31(土)まで

応募方法:Community Fund 申請

  1. 「アドビ委託プロジェクト」(Commission) を選択
  2. 「やりたいプロジェクトリクエストや要望など」で“カレンダープロジェクト”と記入

プロジェクト作品紹介

アドビの委託プロジェクトとして完了し公開されたものを紹介していきたいと思います。興味を持ったクリエイターの方のポートフォリオやSNSのリンクを載せていますので、気になった方はぜひフォローしてください。

■ Adobe Frescoチュートリアル - 鯛之助
Behance / Twitter / YouTube

Inserting image...

お魚とスイーツの本物そっくりな写実的なイラストを描かれている鯛之助さん。これまでもイラストの解説動画をYouTubeにアップされていますが、今回グローバルチームからAdobe Frescoでのチュートリアル動画を作成いただきました。日本語で解説していただきなが、日本語・英語両方の字幕付き。海外でも日本のコンテンツを見てもらえるという、グローバルチームとのコラボレーションプロジェクトでした。一瞬写真なんじゃないのかと思うようなロールケーキのソースのシズル感がすごいです。チュートリアルは、グローバルのCreative Cloudのチャンネルにアップされています。また、こちらにも下書きのイラストと共にプロジェクトがアップでされています。

Creating Surreal Illustrations in Adobe Fresco

続いて、ソーシャル用のビジュアルを2つ紹介します。

■ ソーシャルビジュアル:プライド月間 - Wayan
Behance / Twitter / Instagram

先月6月は世界的にプライド月間(Pride Month)と呼ばれ、LGBTQ+のジェンダーやセクシャルマイノリティーについてのイベントやパレードなど、企業や自治体でも様々なキャンペーンを実施しています。今回は、全ての人が同じ権利を持ち、お互いを大切にできる社会が実現できるようにという願いを込めて、クリエイティブを制作してもらいました。
モチーフとして、「花と蛾」を採用。「花」にはいろんな形や色があって、太陽や雨など自然の力を吸収しながら、自分らしく美しく咲こうとしている花を人間のそれぞれの美しさに投影している。また、「蝶」ではなくて「蛾」をモチーフにした理由としては、蝶は、多くの人が美しいと思うことが多いが、蛾はどこか奇妙で煙たがられる存在なのではないか。しかし、蛾もよくその生態を知ってみると、自分を守るために美しく強く生きている。そんなところから、今回のテーマに加えて、 SOGI( Sexual Orientation and Gender Identity :性的指向・性自認)、すべての人の属性であり、「属性にかかわらず、平等に扱う」はみんなが持っているものでみんな違っていいという前提をもとにこのクリエイティブを見た全ての方が自分を守るための色を見つけられるように特徴的な柄で表現しました。

■ ソーシャルビジュアル:七夕 - haruchart
Behance / Twitter / Instagram

Inserting image...

7月7日の七夕のイラストを、あえて「織姫」や「彦星」のイメージを使わずに、アナログなタッチでレトロなポスター風に仕上げていただきました。 いつもは洋風なテーマのイラストを得意とされている中、日本の昭和のレトロ調に新しく挑戦。意外とこの雰囲気出すのに苦労があったようですが、完成形を見るとAdobe Frescoを使って見事にアナログっぽさを習得されています。アナログ雰囲気が出しやすいのでオススメのソフトだということでした。また、Frescoで制作した過程をタイムラプス(動画の早回し)にしたものもこちらからチェックできます。最終のビジュアルに到達するまでに、何度も構図を変更したり、浴衣の柄を変えてみたり、制作過程の悩みなどを感じることができるのでとても面白いです。

NEW LAYERS プロジェクト作品紹介

ショートムービープラットフォーム TikTok と共に「【NEW LAYERS】-誰も見たことのないクリエイティブを。-」プログラムを2月から開始し、次世代を担うクリエイターのチャレンジをサポートし、クリエイティブの成長となる場を創り上げていくとこを目的としています。このプロジェクトとして完了し公開されたものも紹介していきたいと思います。こちらもぜひチェックしてみてください。

カイセイ
鹿児島の旅行好き大学生。鹿児島・九州を主に全国各地の魅力を発信している映像クリエイター。AdobeRush を使って動画のカラー調整、加工の方法を取り上げてもらいました。

https://www.tiktok.com/@_high_genkides/video/6981740145452059905

あああつし
スマホでの写真・動画の斬新な作品やその撮影方法のチュートリアルをを発信しているクリエイター。Lightroomを使って、暗い中早く動く車にピントを合わせる流し撮りをスマホを使って撮影する方法を紹介。

https://www.tiktok.com/@aaa_tsushi_/video/6951725942318451970

ぞのさんっ
クリエイティブな撮影方法でその動画の撮り方を発信しているクリエイター。Premiere Rushを使って簡単なトランジションとその作り方も紹介

https://www.tiktok.com/@ymt_sk/video/6946910501762829569

サカグチヤマト
エモい写真や映像の撮り方を紹介しているクリエイター。Lightroomを使って綺麗な写真の編集方法を紹介。

https://www.tiktok.com/@ymt_sk/video/6946910501762829569

じょんさん
A 日本の季節とノスタルジーをテーマに dobe Premiere ProやAfter Effectsの講師などもしている、シネマティックな映像を作るクリエイター。現在Adobe Premiere Pro アンバサダーとしても活躍しているクリエイター。縦型のMusic Video風の動画を季節感たっぷりの作品に仕上げてもらっています。

https://www.tiktok.com/@john_pocket_vlog/video/6945320644494118146

あおぱんだ
Adobe Animateを使って、簡単にアニメーションを作る方法を紹介。もっとアニメを作れる人を増やそうと活動しているクリエイター。日本語、英語バージョンそれぞれで発信しています。

アニメ講座① 日本語 / 英語

アニメ講座② 日本語 / 英語

アニメ講座③ 日本語 / 英語

NEW LAYERS プログラムも受け付けていますので、興味ある方はこちらの詳細を確認し、下記から申請お待ちしてます。

▼ NEW LAYERS プログラムへの参加方法

応募方法:Community Fund 申請

  1. 「個人プロジェクト」 (Grant) を選択
  2. 「オンライン情報:TikTokのアカウント」にTikTokのリンクを記入
  3. 「プロジェクトの企画アイディア」で“NEW LAYERSからの申請”と記入し、必要なプロジェクトの企画アイディア、制作プロセスや制作期間などを提出

いかがでしたか、今後公開されるプロジェクトも引き続きこちらのブログで紹介していきます。興味ある方は、Community Fundの申請お待ちしています。

コミュニティーファンドとは?

Adobe Creative Residency Community Fund はクリエイターの創作活動を支援するためにグローバルで設立されたファンドで、毎月メンバーが参加しプロジェクトをスタートしています。ファンドには「個人プロジェクトのサポート」と「アドビの委託プロジェクト」2種類あり、「個人のプロジェクト」では自身で制作したい作品などの企画やコンセプトを進めていただき「アドビの委託プロジェクト」では、個人のスキルやタイミングに応じてアドビから制作物の依頼やセミナーでの講師、ポートフォリオレビューなどさまざまなプロジェクトを依頼させてもらいます。

コミュニティファンドへの申請

TwitterやInstagramでハッシュタグ #AdobeResidency と検索していただくと、イラスト、グラフィックデザイン、フォト、ビデオ、モーションデザインなど様々なクリエイティブをされているみなさんの日々の活動がアップデートされていますのでぜひチェックしてみてください。
海外プロジェクトの作品はこちらに紹介されていますのでご覧ください。
プログラムのベネフィットの一つとしても、この世界中で活躍しているクリエイターとのコネクションやつながりを持てること、さらにグローバルで活躍するきっかけになればと思います。申請お待ちしています。

Adobe Creative Residency Community Fund

クリエイターの創作活動を支援するためのプログラムで申請受付中。アドビからの委託プロジェクトや個人プロジェクトなどのサポートを行い、ポートフォリオになるような作品づくりや経験や制作の過程を共有してキャリア構築のきっかけや、クリエイター同士が繋がれるコミュニティーとなっている。

Learn more

Topics: クリエイティブ, コミュニティ, 教育,

Products: Creative Cloud,