申 真衣さんが活用するAcrobatの機能の使い方

屋内, テーブル, 人, 座る が含まれている画像
自動的に生成された説明

この記事では、Acrobatのイメージ動画およびインタビュー動画の中で申 真衣さんに触れて頂いているAcrobatの機能と、その具体的な使用方法の手順を紹介します。

< 目次 >

・PDF内で画像を置換する

・ファイルを結合する

・ページの一部を抽出する

・PDFの共有とレビュー

・Teamsを使ってレビューをする方法

・Adobe Scanによる紙の電子化

PDF内で画像を置換する(PDFを編集)

Acrobat では、PDF内にある文字を編集するだけでなく、画像を別のものに置換することもできます。

< 手順 >

「ツール」をクリックして、ツールセンターの「作成と編集」から「PDFを編集」をクリックします

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

画像を選択して右クリックし、「画像を置換」を選択します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

置換したい画像を選択して、「開く」をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

別の画像に置換することができました。

画像の周囲に表示されたハンドルを使用して、サイズや角度を変更することも可能です。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

PDF内の画像編集方法について詳しくは、ヘルプドキュメント PDF の画像またはオブジェクトの編集 をご参照ください。

ファイルを結合する方法

Acrobat では、[ファイルを結合]を実行することで、形式の異なる複数のファイルを1つのPDFとして結合することができます。

< 手順 >

「ツール」をクリックして、ツールセンターの「作成と編集」から「ファイルを結合」をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

「ファイルを追加」画面に、結合したいファイルをまとめてドラッグ&ドロップします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, チャットまたはテキスト メッセージ
自動的に生成された説明

< Point >

結合するファイルはPDFである必要はありません。Word、Excel、PowerPointなどのOfficeファイルのほかに、BMPやJPEGなどの画像、HTMLファイルなどもPDFへの変換とともに結合することができます。

展開アイコンをクリックして結合する元のファイルのページを展開し、不要なページを選択して、「削除」ボタンをクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト
自動的に生成された説明

「結合」をクリックします。

PDFへの変換とともに結合がおこなわれ、しばらく待つと結合されたPDFが開きます。

テキスト が含まれている画像
自動的に生成された説明

ページの一部を抽出する方法(ページを整理)

複数ページのPDFから必要なページのみを抽出することが可能です。

< 手順 >

右のツールパネルから「ページを整理」をクリックします。

テキスト
自動的に生成された説明

「ページを整理」画面で、抜粋したい複数のページをクリックで選択し、「抽出」をクリックして、続けて「抽出」をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

抽出されたPDFが開きます。

テキスト が含まれている画像
自動的に生成された説明

メールとWebブラウザでレビューをおこなう方法(共有レビュー)

PDFを共有すると、招待された側は、無料のAcrobat ReaderやWebブラウザでPDFを開き、コメントすることができます。

< 手順 >

ツールバーから、「他のユーザーと共有」をクリックし、レビューを依頼したい複数のユーザーの電子メールアドレスを入力します。必要に応じて、コメントの修正や期限の設定、リマインダーの追加などをおこないます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, チャットまたはテキスト メッセージ
自動的に生成された説明

「送信」をクリックすると、Adobe Document Cloudにファイルがアップロードされます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト
自動的に生成された説明

招待された側がメール本文に記載された「開く」をクリックすると、PDFが開きます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

ゲストとしてログイン後、名前を入力し、「続行」をクリックしてレビューをおこないます。描画ツールを使用して指示のコメントを追加したり、付箋を加えるようにノート注釈を追加したりできます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

< Point >

共有は以下の3つの方法でおこなえます。

・ユニークURLを発行

PDFのユニークURLを発行し、Slackなどのコミュニケーションツールで共有します。

・リンクを発行して電子メールで送信

電子メールにリンクを貼って送信します。

・Acrobat から直接共有

複数の電子メールアドレスを指定し、Acrobat から直接共有します。

レビュー用に共有されたPDFにコメントを加える作業は無料のAcrobat Readerでも行えます。共有レビュー機能の使用方法について詳しくは、コメント依頼機能を使ってレビューを効率化する方法をご覧ください。

Teams内でレビューする方法(Microsoft TeamsのAcrobat拡張機能)

Microsoft TeamsにAcrobat拡張機能をインストールすると、Teams上でAcrobatのレビュー機能を利用できるようになります。

< 手順 >

メッセージにPDFを添付して投稿します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

メッセージ内のPDFリンクに表示された「OPEN」をクリックすると、Teams上でPDFが開きます

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

コメントやハイライトなどを加えることができます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション
自動的に生成された説明

メンバーによって注釈が加えられると、チャネルのメンションやチャットボットによって通知が行われ、クリックすると注釈を確認できます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

Microsoft Teamsとの連携機能の使用方法について詳しくは、1分でわかるAdobe Acrobatシリーズ Microsoft Teamsとの連携をご参照ください。

紙の文書をPDF化する方法(Adobe Scan)

無償で利用できるモバイルアプリ Adobe Scanを利用して、紙の文書を素早くPDF化することができます。

< 手順 >

Adobe Scanを開き、カメラアイコンをタップして、文書を画角に収めて撮影します。

ハンドルを操作して読み込む範囲を調整し、「続行」をタップします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス
自動的に生成された説明

サムネールをタップし、名前を変更してPDFを保存します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

保存したデータはDocument Cloudにアップロードされるので、PCからアクセスすることもできます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
自動的に生成された説明

< Point >

Adobe Scanについて

Adobe ScanはiOS、Androidともに無償で使えるアプリです。

紙の文書をスキャンし、PDFとしてデータ化することができます。またOCR処理によって文書内の文字を認識し、自動でテキストデータ化します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス
自動的に生成された説明

Adobe Scanについての詳細はこちらから